Apple Musicで多くのアーティストのアルバムが消える不具合が発生か

先日もSpotifyでK-POPの多数の楽曲がディストリビューションとの契約の問題で一時的に再生できなくなったが、今度はApple Musicで多くのアーティストのアルバムが再生できないという不具合が発生している。

例えばDrakeだと『Views』や『More Life』などのアルバムが表示されなくなっており、Kany Westだと『The Life Of Pablo』、『Graduation』などが消えてしまっている。しかし消えた作品でも単曲ずつでは聴けるようになっており、どうやらアルバムとしての表示ができなくなっているようだ。

また日本でも同様の事態が起こっており、宇多田ヒカルやtofubeats、藤井風、SIRUPなどのアルバムが表示されていなくなっているというTwitterの投稿を確認できる。

今回はレーベルなどもバラバラであり、単曲としては残っているので、Apple Musicのシステムの不具合で起こっているのだろうか。迅速な復旧を望む事態だ。

related

Apple Musicが国内の有望なアーティストを紹介するプロジェクト『Up Next Japan』の第一弾にどんぐりずが選出

Apple Musicが将来有望なアーティストを紹介するマンスリー企画の中で、国内アーティストを紹介する『Up Next Japan』をスタートした。

Awichがメジャー第1弾EP『Partition』について語るインタビューがApple Musicにて公開

本日8月21日(金)にメジャーデビューEP『Partition』をリリースしたAwichのインタビューが、Apple Music上で公開された。

VISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのプレイリスト『New Asia』の第四弾が公開

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリスト。様々なキュレーターのプレイリストなどが公開されてきたが、新たに『New Asia』のプレイリスト第四弾が公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。