東南アジアにルーツを持つブランドrajabrookeのPOP UPがビームス T 原宿で開催

東南アジアの文化を独自の視点で切り取りデザイナー自身の周りを取り巻く現在の環境やカルチャー色を織り交ぜたアイテムを展開するrajabrookeのPOP UPが、3/12(金)から東京のビームス T 原宿で開催される。

今回はSAFARIをテーマにrajabrookeと親交のあるアーティストやブランドを 迎えてのコレクションを展開。

大阪を拠点にライブペイントを軸に活動するUC EASTや、日本以外でも積極的 に活動の場を広げるタトゥーアーティストame、NY 在住で様々なブランドにグラ フィックも提供しているVOYAGE UTOPIAらが手がけた T シャツをメインに、バ ックブランドZeptepiとの別注バッグや T シャツのボディブランドであるONEITAとのパック T シャツもラインナップする。

Info

related

rajabrookeがBEAMS STREET UMEDAにてPOP UPを開催

BEAMS STREET UMEDAにて、3月6日(金)から15日(日)までの10日間、rajabrooke(ラジャブルック)のPOP UPが開催される。 東南アジアにルーツを持つデザイナーが手がけるrajabrookeは、デザイナーが幼少期を過ごしたマレーシアの伝統および文化的特色をクリエイ...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。