rajabrookeがBEAMS STREET UMEDAにてPOP UPを開催

BEAMS STREET UMEDAにて、3月6日(金)から15日(日)までの10日間、rajabrooke(ラジャブルック)のPOP UPが開催される。

東南アジアにルーツを持つデザイナーが手がけるrajabrookeは、デザイナーが幼少期を過ごしたマレーシアの伝統および文化的特色をクリエイションに反映。その独自の切り口でファッションを切り取り、音楽等のカルチャーのスパイスを加えることで、世界的にも稀有な、まさに唯一無二のブランディングを確立している人気急騰中の新鋭ブランドだ。

POP UPでは、rajabrookeへ別注した手ぬぐい、ポロシャツ、Tシャツの全3型で構成される限定カプセルコレクションをリリース。

TENUGUI / COLOR:PURPLE / PRICE:¥3,000+tax

手ぬぐいは、rajabrookeが1stシーズンからリリースしているブランドの代名詞であり、マレーシアやインドネシアで古くより伝わる伝統的な紋様、バティック柄をサンプリング。

BATIK COLLAR POLO / COLOR:WHITE / SIZE:M, L, XL / PRICE:¥16,000+tax

また、ポロシャツは現地人のデイリーウェアから着想を得たオリジナルのシルエットで、速乾性の高い生地を採用し、メッシュ地の襟元をオリジナルのバティック柄で切り替えている。

OLAHARAGAWAN T / COLOR:ASH / SIZE:M, L, XL / PRICE:¥6,500+tax

そして、古着のような雰囲気が漂うTシャツは、マレーシア人のステータスとも言える高級熱帯魚のゴールデンアロワナを中央に配した「スポーツマン」を意味するインドネシア語をプリントした。

さらに、カプセルコレクションのアイテムに加え、普段BEAMSでは取り扱っていないrajabrookeのインラインアイテムも同時展開し、ブランドの世界観を体感できるエクスクルーシブなPOP UPとなっている。

 

Info

『rajabrooke POP UP at BEAMS STREET UMEDA』

DAY:3/6(Fri)-3/15(Sun)

PLACE:ビームス ストリート 梅田
住所:大阪府大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 1F
電話番号:06-6366-3695
営業時間:11:00~21:00

rajabrooke Instagram
https://www.instagram.com/rajabrooke_asia/

related

SUGARHILLによるヴィンテージのエッセンスを加えたコレクションがBEAMSに登場

SUGARHILLとBEAMSによる別注コレクションが、10月15日(金)よりビームス 原宿にて発売となる。

MIN-NANOの中津川吾郎プロデュースによるGerry Cosbyの新ライン『Gerry Cosby A+C』のニューアイテムがBEAMS限定で登場

昨シーズンより新たにスタートした、MIN-NANOの中津川吾郎プロデュースによるGerry Cosbyの新ライン『Gerry Cosby A+C』のニューアイテムが、BEAMSエクスクルーシブとして登場。 今シーズンは「UNFUSSY」をテーマに、今純粋に気取らずに着たいものをライン...

BOW WOW × BEAMSのコラボでヴィンテージにフォーカスしたスウェットが登場|ヴィンテージ古着も期間限定販売

90年代の空気感を色濃く残し、独自のフィルターを通して体現していくブランドBOW WOW(バ ウワウ)の、BEAMS別注スウェット第2弾が、9月17日(金)よりビームス原宿にて発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。