BAL × RAMIDUSのコラボレーションアイテムが登場

BALとRAMIDUSによるコラボレーションアイテムが新たに登場となった。

ボンディングナイロンのポーチバッグは、ワンアクションの開閉で出し入れがしやすく、フロントにはメッシュポケットが配置され、コンパクトながらも利便性に優れたアイテム。ドローコードとRAMIDUSのネームはリフレクター仕様となっている。

ボンディングナイロンのがま口のミニポーチは、カードやコインなどウォレットや、ポーチなど色々な用途に使える丁度良いサイズ。こちらもバッグ同様リフレクターRAMIDUSネームがポイントとなっている。

リフレクターRAMIDUSネームが付いたボンディングナイロンのミニマムウオレットは最低限のカード、コインなどが収納可能なサイズで、ミニバッグや手ぶらでの移動には最適だ。

Info

https://baloriginal.com/

related

BALが2022 SSのLOOKを公開|RAMIDUSやwackwackなどとコラボ

BALが2022 SSのLOOKを公開した。 テクニカル、アウトドア、スポーツ、ワークウエアなどからインスパイアされた本コレクション。Geek Out Storeのアーカイブコレクションからアイディアをインストールしたテクニカルアイテムや、アーティストのwackwackのアートワーク...

RAMIDUS × Diaspora skateboards × BEAMS Tがトリプルコラボ|モデルにC.O.S.A.が登場

バッグブランドRAMIDUSと、東京発のスケートボードレーベルDiaspora skateboardsとのトリプルコラボレーションが、BEAMS Tの呼びかけにより実現。 「Day adjustment」と題し、1日の生活においての様々な天候・気温変化や荷物の多さなど、あらゆるシチ...

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。