OPENING CEREMONYの2021 SSコレクションのLOOKが公開|LAの多様性とノスタルジーを表現したコレクション

OPENING CEREMONYの2021 SSコレクションのLOOKが公開された。

本コレクションでは、OPENING CEREMONYの共同クリエイティブディレクターであるCarol LimとHumberto Leonの幼少期の記憶を辿り制作された。2人はLAのバレー地区で育ち、そこには移民の家族が多く、オープンで受け入れられているコミュニティが特徴。多様性を容認する安全な環境が、彼らの現在の姿や仕事、そして周りのコミュニティを構築していった。2021 SSの今シーズン、彼らはこの多様性の価値観を代表するアメリカ人に敬意を表し、彼らの若かりし頃へのオマージュとして生地やシルエットにノスタルジーさを反映している。

刺繍や総柄プリント、靴の装飾など、バラをモチーフにしたものが多く、子供の頃に頻繁に訪れていたパレード「Tournament of Roses」にちなんだものとなっている。カリフォルニアのサーフカルチャーは、シーズンロゴやシャーリング、テーラリング、ドレスのゆったりとしたフィット感にも現れている。西海岸の継続的なヘルス・ボディカルチャーは、コレクションの 「マッスル・プリント」に反映されており、解剖学的に描かれた胴体がトップスやドレスに施され、作品に強い重要性とテクスチャーを表現。

Carol Limと私が2021 SSコレクションをデザインしたとき、私たちが育ったサンガブリエル・バレーを懐かしんでいました。私たちのインスピレー ションの源は、私たち自身や私たちのコミュニティにとって重要で関連性のあるものから得ています。例えば、私たちが住んでいた地域ではお 正月の風物詩として親しまれていた「トーナメント・オブ・ローズ・パレード」が、今年はパンデミックの影響で中止になったことを知りました。私たちの “バラ” のモチーフはそのパレードを称え、記念するための私たちなりの方法です。また、この時期の健康と幸福の概念にインスパイア され、体を大切にすることの重要性を表現するために、特別な筋肉のグラフィックを制作しました。

Humberto Leon

カリフォルニアの人々は、クローゼット内に 「暖かい服」があることを望むが、レザーアイテムや冬らしいセーター、レインコートやダウンジャケットなど、どのアイテムも常に日差しの強い気候では不要な服ばかり。そこでフェイクレザー、エンボス加工のテクスチャー、ケー ブルニットのボディ、ダークなカラーパレットを用い、すべてのアイテムがライトウェイトな春夏の生地で作られているにも関わらず、冬の装いへのオマージュとして製作された。コレクションの特徴的な装飾のひとつであるボタンを溶解したデティールは、キャロルとウンベルトの故郷を脅かしている現在の世界的な暑さの影響を告げるものであり、私たちに警鐘を鳴らしている。

シカゴを拠点に活動するデジタルアーティスト兼デザイナーである Terrell Davisとの特別なコラボレーションでは、カリフォルニアにいる10代の人々が使用する携帯電話やレコードプレーヤー、雑誌、ラバライトなどを通し、更には未来のことを考えながら車を走らせた街の様子などが映し出される典型的な小宇宙を描いたレトロフューチャーなアートワークが登場。

Info

本コレクションはOPENING CEREMONY公式サイトにて発売中

www.openingceremony.com

related

OPENING CEREMONYが2022 SSのLOOKを公開

...

Larry Clark × WACKO MARIA × Stie-loのトリプルコラボで映画『TULSA』をイメージしたコレクションが登場

写真家で映画監督のLarry ClarkとWACKO MARIA、スタイリスト・野口強の主幸するStie-loによるトリプルコラボレ ーションが、7月10日(土)より発売となる。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。