MONCLERからサステナブルな素材のみを使用したダウンジャケットが発売

MONCLERからサステナブルな素材のみを使用したのダウンジャケットが発売される。

2020年10月に発表された戦略的なサステナビリティのコミットメントである『Moncler Born to Protect』の一環で発売されるジャケッ トは、循環型経済に対するモンクレールのビジョンを体現するアイテム。

ダウンを除き、リサイクルされたファブリックやアクセサリーを用いることでCO2排出量の約40%の削減を可能に。またファブリックに加え、ジップやボタンなどのアクセサリーには海洋や土壌の廃棄物から再生されたナイロンの Econyl® (エコニール)を使用し、マテリアルの再利用にも可能な限り取り組んでいる。さらに100%DIST(Down Integrity System and Traceability)認証を取得しており、サプライチェーン全体で科学的なアプローチにより追跡と高いファーミング基準を突破。食肉を目的として養殖されたガチョウのみに由来するダウンは、フードチェーンの副産物を使用している。

『Moncler Born to Protect』は全てブラックでの展開となっている。 サステナビリティは全ての人々に向けたものであり、あらゆる場面に順応するカラーとしてブラックが選定された。 表面は『Moncler Born to Protect』のロゴパッチで装飾され、内側のディテールには 1960年代よりモンクレールのジャケットの裏地に登場してきたキャラクターのモンダックが描かれ、サステナブルなストーリーを表現した。

related

MONCLERが航海からインスピレーションを得た『CRUISING NAVY』コレクションを発売

MONCLERが2021 SSのメンズより、航海からインスピレーションを得た『CRUISING NAVY』コレクションが登場。

MONCLERより新型スニーカーPROMYX SPACEが登場

MONCLER 2021 SSメンズコレクションより新型スニーカーPROMYX SPACEが登場。

MONCLERからSergio Zambonが手掛けた2021 SSコレクションが登場

MONCLERからSergio Zambonが手掛けた2021 SSコレクションが登場。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。