BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

世界がコロナ禍に揺れた激動の2020年も明け、いよいよ2021年。昨年末にスタートした恒例のFNMNLの年末企画もまだまだ続行。

『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っているアイテムを、印象的な活動を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方数馬のベストバイ。

BEST BUY 2020 Selected by NONCHELEEE

バカでかいクーラーボックス

コメント

かなり久々に友人と釣りを再開して、いつまでも堤防でチロチロしていられない、ということで、すぐに船釣りに行くことになり!!!!!

暗いうちに出発し、朝日を浴びながらチームで海に出るだけでも最高ですが、その日はでっかいヒラマサがかかり、その辺の犬と闘うくらい強烈な駆け引きを経て釣り上げ、膝ガックンガックンになった時、じんわり染み渡る地球のバイブレーションに完全にピュアな気持ちにさせられました。

その日は一緒に行った友達もみんな膝ガックンガックンで、もれなくピュアな気持ちで港に帰り、後日、相当舞い上がった状態で釣具屋に行き「次回からはもっと釣れて大変なことになるけん、一番デカいクーラーボックスをみんなで買っとこう!!!!!」ということで、その釣具屋の隅の方でデカすぎて売れてなかったであろうクーラーボックスを買いました。

車のトランクにはそのままでは入らず、後部座席を倒してやっと詰めるくらいのデカさで、冷静に判断すれば返品していたはずですが、その不便さよりこのでかいクーラーを魚で満タンにしてみたい、というロマンが先走り、次の釣り場へ車を走らせていると、前を走っていたトラックのバンパーに”男のロマンは女の不満”というメッセージが!!!!!!!

そのクーラーを持って行くと不思議と釣れず、釣りたい気持ちが大きくなればなるほど、空っぽのクーラーボックスのデカさに拍車がかかるので、ある日を境に持っていかなくなりました。

購入時の興奮と、その後のマヌケな釣行含めて今年1番の買い物でした。

2020年印象的だったこと

釣りをして、絵のテンションが変わりました。

NONCHELEEE

1986年,イラストレーター 

主にダンスホールの賑Yの中にあるナチュラルで甘酸っぱいR&Bをイラストレーションする。2017年さらなるリラックスのために朋友とON AIR STUDIOを立ち上げ、近年は釣りを通して海のVYBZを抽出することに力を注いでいる。

BEST BUY 2020 Selected by KYNE

HONDA アメリカンダックス

コメント

長年乗っていたバイクを一台売却してスペースが空いたので昔から欲しかったアメリカンダックスを勢いで購入。

2020年印象的だったこと

1月に台湾のアートフェアで展示した事。海外に普通に行けたあの時はまさかこんな一年になるとは思いませんでした。

告知

春に個展を開催予定です。

KYNE

福岡を拠点に活動する絵描き。ON AIRのメンバー

BEST BUY 2020 Selected by 緒方数馬

ED ROBERT JUDSON

コメント

いつも領収書でパンパンになっていた財布を新調したくて、福岡のDICE&DICEで購入。領収書を挟めるクリップが"すんごい"便利です。

2020年印象的だったこと

ヤクルト1000を飲み始めた事。睡眠の質が向上しました!

緒方 数馬

1986年生まれ。東京を拠点に活動。ただいまON AIR中。

related

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by PUNPEE

世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。