BEST BUY 2020 Selected by PUNPEE

世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っているアイテムを、印象的な活動を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介してもらった。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今年は1stアルバム以来となる新作『The Sofakingdom』と過去作をコンパイルした『Small Token』をリリースし、LIVEWIREとTongpooでも独創的な配信コンテンツを披露したPUNPEEが最後に登場。今年らしいPUNPEEのチョイスとは?

BEST BUY 2020 Selected by PUNPEE

小規模企業共済

コメント

買ったわけじゃないですが未来の自分への褒美というわけでこれにしました。もはや自分の身は自分で守るしかないのだろうか...と思うことも色々あったので。では年末どこかで会いましょう。今年もありがとうございました。P

告知

Artists : PUNPEE

Tiltle : Small Token pt.1

Format : Streaming / DL

No. : SMMT-157

Label : SUMMIT, Inc.

1. Curry Song (2020 Remastered) / カレー屋まーくんブルースエクスプロージョン feat. PUNPEE

2. Iden & Tity feat. B.I.G. JOE & 仙人掌 (2020 Remastered) / PUNPEE

3. ひやり小雨が彩るモノクロの車窓 (2020 Remastered) / PUNPEE

4. 夏休み (2020 Remastered) / Sugbabe feat. PUNPEE

番組情報:

演目:SUMMIT 10th Anniversary "AVALANCHE'10" 〜あんじょうやっとります。カウントダウンSP〜

日時:2020年12月31日(木)23:45〜

出演:SUMMIT All Stars

配信プラットフォーム:YouTube SUMMIT公式チャンネルにて生配信 / SPACE SHOWER 公式LINEアカウント

料金:無料

URL:https://www.youtube.com/user/SUMMITube

企画・制作:SUMMIT, Inc.

提供:視聴者の皆様

PUNPEE

Photo by Ryo Mitamura

2017年10月、初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表し、ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。

2018年3月、SPACE SHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、CDショップ大賞「準大賞」受賞。同月、自ら1stアルバムを解説した『MODERN TIMES -Commentary-』をストリーミング配信にて発表。

2018年5月、ワンマンライブ「Seasons Greetings'18」を新木場スタジオコーストにて開催。

2018年7月、DJとして、FUJI ROCK FESTIVAL'18「RED MARQUEE -TRIBAL CIRCUS-」に出演。

2020年7月、1stアルバム以来となる新作「The Sofakingdom」を発表。

11月にはPUNPEEが今まで限定的に発表してきた楽曲達をコンパイルした「Small Token」というシリーズEP作品を発表した。

しかしまぁ、大事なのは今後である。P  

related

アニメ『オッドタクシー』の劇伴をPUNPEE、OMSB、VaVaが担当することが決定

4月からテレビ東京・AT-Xで放送されるアニメ『オッドタクシー』の劇伴をPUNPEE、OMSB、VaVaが担当することが発表された。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方 数馬のベストバイ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。