BEST BUY 2020 Selected by KENTARO KABAYA(BALデザイナー)

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

今回は、音楽や様々なカルチャーに造詣が深く、ファッションブランドBALのデザイナーを務めるKENTARO KABAYAのベストバイ。

BEST BUY 2020 Selected by KENTARO KABAYA(BALデザイナー)

Wanderout別注のドイツAlutec社のアルミコンテナ & 同ブランドのユニバーサルスタンド

コメント

子供の頃から間が開く時期はあるものの、なんだかんだと定期的に行ってるキャンプを久しぶりに再開。新しいテントも購入し、武骨一辺倒になりがちなキャンプスタイルがなんとなく嫌で新しいスタイルを模索していたところ、ミニマルでモダンなキャンプスタイルが衝撃だったムラカミカイエさん、10PPさん、hiroさんらのスタイルに影響を受けました。タイミング良く彼らの手がけるブランドWanderoutが始動。早速気になっていたアルミコンテナとスタンドを購入させてもらいました。コンテナはごちゃごちゃしがちなギアの収納と、サイトに置いたときのモダンな佇まいが印象的。ルックスはもちろんスタッキングも出来てしかも軽量と言う事なし。シンプルながらしっかりとした作りのミニマルなスタンドは、ぜひともコンテナとセットで使用したかったもの。ほかにも薪を載せたり、クーラーボックスを載せたりと用途も色々でいずれ買い足してしまいそう。まだフィールドで使用出来ていないので早くキャンプに出かけたいです。

今年印象的だったこと

ワーキングアットホームで会社にほとんど行かなくなった事。通勤が嫌だったので家で仕事するようになりました。上記でも触れた久しぶりに再会したキャンプ。旅行にはなかなか行けないので、比較的安全な遊びとしてキャンプは好都合でした。どちらもコロナ渦になって実施した事ですね。

告知

オフィシャルサイトやインスタグラムにて日々情報を発信中。ぜひチェックしてみてください。

https://baloriginal.com/

https://www.instagram.com/baloriginal_official/?hl=ja

KENTARO KABAYA

1976年東京生まれ。スタイリストを経て、ファッションブランドBALのデザインを担当。様々なカルチャーに造詣が深く、その幅広い知識はBALのウェアだけでなく、自身のスニーカーや小物のセレクト、音楽の選曲にも反映されている。趣味は食べ歩きと料理。現在は休止中だがファッション&カルチャーメディア「Mastered」にてグルメコラム「うますぎる店」も連載中。

related

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。