BEST BUY 2020 Selected by Mom

全世界がコロナ禍に揺れた2020年も、いよいよ年の瀬。今年は皆さんにとってどんな一年になっただろうか。恒例のFNMNLの年末企画も激動の年の瀬にスタート。

例年その年の印象的だった出来事を様々なアーティストに訊いてきた本企画。今回は『BEST BUY 2020』と銘打ち、今年購入した中で最も気に入っている品物を、今年活躍を見せたアーティストやDJ、デザイナーたちに紹介して貰った。今年はこれまで通りの買い物も難しかったが、是非とも来年以降の買い物の参考にしてみて欲しい。

アルバム『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』が大きな話題を呼んだシンガーソングライター/トラックメイカーMomが登場。

Best Buy 2020 Selected by Mom

小ぶりなサボテン

コメント

一目惚れです。棘がきめ細かくて一見すると柔らかそうなんだけれども、触るとしっかり痛い。置き場所が悪いのか、こいつでよく怪我してます。植物とか花とか全然詳しくないんですけど、サボテンってとりわけ意識とか感情を持ってそうな不思議な説得力があって好きです。

2020年印象的だったこと

最も印象深いのは昨年の秋頃から着々と制作を進めていた「21st Century Cultboi Ride a Sk8board」というアルバムを無事発表できたことです。リリースまでの約半年は気持ちが力みっぱなしで、片や下半期は抜け殻みたいな脱力人間でした。良くも悪くもアルバムを中心に動いていた一年でした。

告知

3rd ALBUM『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』https://jvcmusic.lnk.to/21C_CultboiRideaSk8board

Mom

シンガーソングライター/トラックメイカー。 

現行の海外ヒップホップシーンとの同時代性を強く感じさせるサウンドコラージュ・リズムアプローチを取り入れつつも、日本人の琴線に触れるメロディラインを重ねたトラック、遊び心のあるワードセンスが散りばめられた内省的で時にオフェンシブなリリックに、オリジナリティが光る。音源制作のみならず、アートワークやMusic Videoの監修もこなし、隅々にまで感度の高さを覗かせる。 

2018年初頭よりMomとしての活動を本格化。手売りのDEMO CDは、タワーレコード渋谷店の未流通コーナーで扱われ、1ヶ月程で500枚を完売させる。 

同年11月、初の全国流通盤『PLAYGROUND』をリリース。Apple Musicが選ぶNEW ARTISTにも選出され、渋谷O-nestで開催した初の自主企画は完売。 

2019年春、Apple“Macの向こうから”キャンペーンに抜擢され、自身が出演したスポットライトムービーには、CMソングを書き下ろした。同年5月、1stよりわずか半年のハイスピードで2nd ALBUM『Detox』を発売、タワレコメンに選出。翌月、chelmicoを招き渋谷WWWで開催したリリースパーティを完売させる。 

11月には、世界的キャンディブランドChupaChupsとのコラボレーションMVを制作、ブランドキャンペーンポスターにも登場した。 

2020年7月、Victor Entertainment / Colourful Recordsより3rd ALBUM『21st Century Cultboi Ride a Sk8board』を発売。

related

BEST BUY 2020 Selected by ANI(スチャダラパー)

今回は昨年デビュー30周年を迎えたスチャダラパーからANIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ISSUGI

今回はMONJU、SICKTEAMのメンバーであり16FLIP名義でビートメイカーとしても活動、昨年は自身のアルバム『GEMZ』やBESとのジョイントアルバム『Purple Ability』でも大きな話題を呼んだISSUGIが登場。

BEST BUY 2020 Selected by ON AIR

今回はアートコレクティブON AIRからNONCHELEEE、KYNE、緒方 数馬のベストバイ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。