シンガーソングライターの「ささきちか」がCikahに改名し初のシングル"GO TO JIGOKU"を来週リリース

2015年に自主レーベルPITTAN RECORDSで活動を開始したR&Bやソウルをルーツに持つSSWのささきちかが、Cikahに改名し初のシングル"GO TO JIGOKU"を11/18(水)にリリースする。

デビュー後もスガシカオの秋田公演の前座に抜擢され、自身でもNYツアーを開催するなど活動してきたが、2020年によりグローバルな活動へと視野を広げアーティスト名を改名。

改名後の最初の楽曲にはアレンジにR&BピアニストのShoAsano 、 エンジニアには加藤ミリヤなど多くのアーティストを 手がける樫本”GURI”大輔を起用して、グルーヴィンな楽曲に仕上がった。ネットでの誹謗中傷や匿名攻撃が後を絶たないこのご時世に一石を投じる中毒性溢れるメッセージが刻まれている。

~Cikah コメント~ 2020夏。初めて顔も知らない人から過激な誹謗中傷を受けた記念に曲にしました。誰にでも 起こり得ることが遂にわたしにも起きました。どんな理不尽な怒りも虚しさも悲しみにも屈せずメイ クマネー出来るんだぜという底無しのポジティブなパワーを世界中に届けられたらと思います。こ の曲は匿名性の高いものに対するアンチテーゼなので、ジャケットでは初めて自分の顔を出しま した。怒りは芸術のガソリンです。今はシンプルにその人にありがとうすらも言える程です。そして 二言目は GO TO 地獄へ、埋葬 完了。

Info

アーティスト:Cikah 

タイトル:GO TO JIGOKU

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。