soh souenによる個展『ささやかな叫び A Modest Scream』が原宿のギャラリーThe Massで開催

soh souen, untitled 2019 (130.3 x 162cm) ©soh souen

藤原ヒロシの最新作『slumbers 2』のジャケットも手がけた福岡在住のアーティスト桑園創(クワゾノ・ハジメ)が、soh souenに名義を一新し初の個展『ささやかな叫び A Modest Scream』を原宿のギャラリーThe Massで開催する。

soh souenは1995年福岡生まれで、大学在学中から一貫して身体、わたし、他者などアイデンティティーを軸に、身体を有する存在として現代における絵画制作の探究を続け、初期作品である 「body to body」を経て本展に発表するシリーズへと表現を広げていった。

今回の個展では2019年から制作を続けているポートレート作品「tie」、抽象表現によるパステル作品「etude」、「caress and hug」と立体作品「my body, your smell, and ours」を発表する。

soh souen, tie no. 83 2020 (162 x 130.3 cm) ©soh souen
soh souen, tie no. 76
2020 (117 x 91cm) ©soh souen
soh souen, tie no. 91 (91 x 72.7cm) ©soh souen

ポートレート作品「tie」は知人の証明写真を元にピクセルに起こし、それらをオイルペインティング によってドット状の集合体として表現。1辺6mmの正方形ドット一つ一つから確認するこ とができるマチエールの繊細さと、グリッド化した構図の緻密さにより、souen自身の存在意義や他者との関係性から紡ぎ出される言葉や想いを、独自のアプローチでキャンバスへと落とし込んでいる。

soh souen, etude 2020 (65 x 50cm) ©soh souen
soh souen, Please hush, a kind scream 2019 (165 x 145cm) ©soh souen

顔料や土を混ぜ自作のパステルを作り、自身の手で直接紙に描かれた「etude」、「caress and hug」のシリーズ。絵肌と対話をし、 徐々に浮かび上がる色面からは静かに湧き上がる内なるエネルギーを感じさせる。パステル絵画などは経年劣化を考慮し最終的に定着材などを使うことが多い中で、souenはあえて顔料を紙面に定着させず現在の表現方法に辿り着き、結実させている。

本展ではパステル作品と合わせ、治癒や浄化を元に採取さ れた25種類のハーブと香木を配したインスタレーション展示にて身体をイメージした立体作品「my body, your smell, and ours」の新作も発表する。

私 他者 痛み(限りなく快楽に近い)身体 治癒 

本展示が決まった際にノートに記したもの。 これらの言葉が作品の見方を一方的なものに追いやって欲しくはないが治癒という言葉にもある通り、希望の念をもとに思考を重ねた。 そして身体の回復を実感しながら、治癒という営みがいつも秘めている強烈さを感じながら 1枚1枚の絵を描いていく毎に、傷つきやすい襞やくぼみだらけの存在を大事に包んでいる何かに触れた様な気がする。

か弱くて繊細な光、絶えずこぼれ落ちるもの 生きているという事実による輝きや肌触り 描くことの、身体の祝福。 最後まで決して手離してはいけないもの。

soh souen(2020年10月ステートメントより抜粋)

Info

soh souen

ささやかな叫び A Modest Scream 

会期:2020年11月21日(土) - 12月27日(日)

会場:The Mass(東京都渋谷区神宮前5-11-1)

related

アナログノイズやファミコンのバグへの関心を元に自身の表現を行う岡田 舜の個展『砂嵐』がgallery communeで開催

アナログノイズやファミコンのバグなど初期のデジタル現象に関心を持ち、デジタルとアナログの中間を探るような絵画表現を行っている岡田 舜による個展『砂嵐』が、東京・幡ヶ谷のgallery communeで11/20(金)から開催される。

彫刻家・小畑多丘の平面作品のクロニクルとなる初の作品集が刊行

国内外から注目を浴びる彫刻家・小畑多丘のドローイングをはじめとした平面作品のクロニクルとなる初の作品集『Spectrum of the Move』が刊行される。

オオクボリュウの初のガラス作品 「SAPPY GOOSE」 が20作限定で販売開始

ウェブメディアSUB-ROSA(サブローザ)にて、オオクボリュウ初のガラス作品「SAPPY GOOSE」が、20作品限定で受注生産販売される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。