2020年の日本国内のライブ・エンタテインメント市場は前年の8割減の見込み

新型コロナ禍と共にあった2020年の音楽シーンだが、特にダメージを受けたのがライブシーン。ぴあ総研が試算した2020年のライブ・エンタテインメント市場規模は、これまでの予想より、さらに落ち込み前年の8割減となる見込みになることがわかった

ぴあ総研によれば6月末に公表した試算値の1,836億円から、さらに28.8%減となる1,306億円となる見込み。新型コロナウイルス感染症の拡大防止を目的としたイベントの参加人数制限がいまだ続いていることが原因で、昨年の6,295億円からは8割減となる。

ぴあ総研より *ライブ・エンタテインメント市場規模=「音楽コンサートとステージでの、パフォーマンスイベントのチケット推計販売額の合計」と定義。

徐々にイベントの制限は緩和されており、有観客のライブイベントも増えてきてはいるが、市場の回復は緩慢なままとなっており、来年以降にどのように回復をしていくのか、未だに課題は多い状況だ。

related

国内のライブハウス/クラブの半数以上が「半年持つか分からない」と回答したアンケートが発表

新型コロナウィルスの感染拡大に伴った営業自粛要請のダメージから、国内のライブハウスやクラブはさらに厳しい状況に立たされているというアンケート結果が発表となった。

クラウドファンディングを実施中の下北沢SPREADが再始動 | オープニングシリーズの暫定プログラムとラインナップも発表

今年2月にオープンしたばかりの下北沢のクラブ/ライブスペースのSPREADは、数回の営業の後、新型コロナウイルス感染症拡大による政府からの自粛要請を受け、営業自粛となった。

9月に予定されていた『SUPERSONIC』が2021年に開催延期

9/19(土)~9/21(日)に開催を予定していた『SUPERSONIC』が、新型コロナウイルス感染症に関連して、海外アーティストの来日の見通しが立たないことや、最近の感染拡大状況を受けて来場者・アーテ ィスト・スタッフの安全を確保しての開催が難しいという判断に至り、2021年に開催を延期することになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。