A$AP Fergが自身のA$AP Mob脱退の噂を否定

先月頭、結束力の高さで知られてきたA$AP MobからA$AP Fergが追放されたとのニュースが報じられファンに衝撃を与えた。Fergの脱退はクルーの創設メンバーA$AP Illzによって仄めかされ、またA$AP Bariもこれに同調していたが、一方でA$AP NastはFerg脱退の噂を否定していた。今回、A$AP Ferg本人が自らの脱退の噂について語っている。

Complexによると、Geniusのインタビューに応えたA$AP Fergは、「俺自身もA$AP Mobのリーダーだ」とクルー内でのポジションを強調した上で、「俺が築き上げたもののことを考えれば、俺を追い出すことは出来ないだろう。俺は何百万ドルもの金をもたらしてきたし、俺の声やアイデアで彼らを養ってきた。大工のようなものだよ。大工を追い出したら、屋根の無い家が出来上がってしまうだろ?」と、自身の追放はあり得ないとの主張を行っている。

また「Mobは解散しないし、一度Mobに入れば抜けることは出来ないんだ。“血により入り、血により出る”ってことだよ(中略)絶対に抜け出せないんだ。だからこれは何でもないよ」と結束力の高さについて語り、続けて「歳を取れば、人は違う方向に成長していく。かつてクールだったものも、もはやクールじゃなくなる。その進化に対応出来る人もいれば、まだ進化していない人もいる。進化を理解出来ない人もいるけど、それでも良いんだ。矛盾することもあるし、やること全てに反対してくる人もいる。みんな違う考えを持っているんだから、それでも良いんだよ。それが人生なんだ」と、グループ内に何らかのトラブルがあったことを仄かした上で、彼自身はそれに対して腹を立てていないとしている。

先日リリースされた新作『Floor Seats Ⅱ』収録曲の“Big A$AP”でも「A$APのリーダーをどうやって追い出すっていうんだ?」とラップしていたA$AP Ferg。彼が語るところによれば脱退は無さそうだが、他のメンバーの考えも気になるところだ。

A$AP Fergのインタビューはこちらから観ることが出来る。

related

A$AP Mobの創設者の1人がA$AP Fergは追放されたと明かす

故A$AP Yamsなどにより創設され、A$AP RockyやA$AP Fergなどの人気ラッパーを擁するA$AP Mobは結束力の高さでも知られてきたが、ここにきてお家騒動が起こっている。

A$AP FergがKendrick LamarとJ.Coleの楽曲は薬のようだと述べる

先日、Pusha-TとDrakeのビーフがリリシズムを復活させたと語ったA$AP Fergだが、同じポッドキャストでKendrick LamarとJ.Coleに賛辞を送った。

A$AP FergがPusha TとDrakeのビーフがリリシズムを復活させたと語る

Pusha TとDrakeのビーフは前者が"The Story of Adidon"をリリースしてからというものの、Drakeは沈黙し動きが止まってしまっている。一説ではDrakeはすでに反撃のための楽曲をレコーディングしていると言われているが、それがリリースされるかは曖昧な状況だ。それくらいPusha Tの"The Story of Adidon"が、強烈だったということだろう。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。