A$AP FergがPusha TとDrakeのビーフがリリシズムを復活させたと語る

Pusha TとDrakeのビーフは前者が"The Story of Adidon"をリリースしてからというものの、Drakeは沈黙し動きが止まってしまっている。一説ではDrakeはすでに反撃のための楽曲をレコーディングしていると言われているが、それがリリースされるかは曖昧な状況だ。それくらいPusha Tの"The Story of Adidon"が、強烈だったということだろう。

このビッグネーム同士のビーフに一際興奮している人物が出現、それは元々バトルラッパーというルーツを持つA$AP Fergだ。

FergはDJ Whoo Kidのポッドキャストに出演し、この両者のビーフについて語っている。「おれはあのビーフが好きだよ、おれたちにはこのビーフが必要だ、なぜならおれはNasが「ヒップホップは死んだ」と言ったとき、彼には心当たりがあったと思うんだけど、そのときと同じような感覚になった」という。

さらにFergは今のヒップホップからは「リリシズムの美学が失われていて、ただ上手いことを言うだけになっている」と語り、本を読んでさらにリリックをシャープに研ぎ澄ますことなどが失われてしまっていたが、「Pusha TとDrakeが復活させた」と主張した。

「おれがこのバトルをどれだけ喜んでいるかわからないだろ?」と続けるFerg、「このバトルでおれは再び音楽に目覚め、また音楽が聴きたくなった」と、最近の音楽に興味を失っていたFergのモチベーションをあげてくれるものとなったと話している。

 

RELATED

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。