XLARGEの2020 WINTER COLLECTIONローンチに合わせ福岡を拠点とするグラフィティークルー「M2D」がサイトジャック

XLARGEが2020 WINTER COLLECTIONをローンチ。ブランド設立当初から扱 ってきたワークウエアを軸としたアイテムに、アウトドアやアメカジの要素やマテリアルを豊富に取り入れたコレクションとなったが、ローンチにあわせ福岡を拠点とするグラフィティークルー「M2D(エム・ツー・ディー)」がウェブサイトをジャックしている。

M2D(エム・ツー・ディー)は国内をはじめ、海外各地もにメンバーが点在し、そのほとんどが覆面や正体不明であり、謎に包まれている集団。今回中心人物とされているZEROSY をはじめ、DISK、EATER、BNZ、LURK といったメンバーがブランドHP内で新設された、XLARGEのグローバル・アート・プロジェクト「George’s(ジョージズ)」をゲリラジャックした。

Info

XLARGE Global Art Project 「George’s」

https://xlarge.jp/georges/

related

XLARGEとReebokのコラボレーションを記念してLEXの"HAPPY feat. Young Dalu"のミュージックビデオを公開

XLARGEは姉妹ブランドのX-girlと共に、Reebokとブランドの哲学を現代に再提案するプロジェクト「Culture of Materials」をテーマにしたコラボコレクションを展開する。

XLARGEによるYouTube番組『XMARZY』の2回目にLEXが登場

XLARGEによるYouTube番組『XLARGE TV』の第二回にLEXがゲストで登場した。

XLARGEがMARZYをホストに迎えたトーク番組『XMARZY』をスタート | 1回目のゲストにはSANTAWORLDVIEWが登場

XLARGEが新プロジェクト『XLARGE TV』をYouTube上でスタート。プロジェクトのローンチにあわせ、YENTOWNにも所属するMARZYによるトーク番組『XMARZY(エクストラマージー)』をスタートさせる。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。