Hellrazorの2020AW LOOKが公開

東京を中心に活動し、NYでのPOPUPなど話題を呼び続けるスケートブランドHellrazorの2020AW LOOKが公開された。

今季のテーマは「VALE」。「未来から過去を見る」という思考に基づき自然にインスパイアされたカラーを用いたアイテムが最大の特徴となっており、レッドやブルー、アースカラーなど、鮮やかなだけでなく自然色に近い色を選ぶことで過去のレガシーを表現し、現在という時間を浮かび上がらせることを試みている。

今季は「VALE」という言葉をシーズンテーマに掲げており、現在にまで至る世の状況に対し、自身が見つめている現実から他の世界を連想するパラレルワールドのような感覚に陥っております。過去のレガシーは、いつかの未来にまた私たちに迫ってくるはずです。そんな思考の末に誕生した今回のラインナップは、ネイティブランドの意識からカラーチョイスしたプロダクトが最大の特徴となっております。岩のようなクレイレッドや藁のタンブルウィードなど、色味の鮮やかさだけではなく、自然色に近い、あるいは過去から続く財産的なカラーとなっています。未来から過去を見たとき、私たちは今という瞬間をどう受け止めていくべきでしょうか?

related

HellrazorがBLMのチャリティーTシャツを受注販売|ブランドとしてのステートメントも発表

HellrazorがBlack Lives Matterの抗議活動に賛同するチャリティーTシャツの受注販売をスタートした。

Hellrazorの2020SS LOOKが公開

東京を中心に活動し、DOWN NORTH CAMPとのコラボレーションやNYでのPOPUPなど近年話題をよんでいるスケートブランドHellrazorの2020SS LOOKが公開された。 オリンピックイヤーを迎える今季のHellrazorが掲げるテーマは『Viable』。生まれたばかりの胎児で...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。