BEAMS JAPAN別注で『男はつらいよ』の寅さんをオマージュしたSEIKO 1965メカニカルダイバーズが登場

1965年に誕生した国産初のダイバーズウォッチである『セイコー1965メカニカルダイバーズ』 の復刻モデルが11月20日(金)よりBEAMS JAPANに別注で登場する。

国民的映画『男はつらいよ』初期作品の劇中で、寅さん役の渥美清がオリジナルモデルを着用していたことでも知られ、映画公開から半世紀の時を経てセイコーダイバーズと『男はつらいよ』がBEAMS JAPANとのコラボレーションにより再共演を果たした。

当時のデザインを可能な限り忠実に再現しながらも、素材や内部ムーブメント等は現代の高級機に相応しい仕様へアップデート。アイテムの随所にコラボレーションならではのギミックが落とし込まれている。

文字盤を映画館の劇場内が暗転された際の高揚感にインスパイアされたブラックダイヤルに変更。

PRICE:¥480,000+tax

ファーストダイバーズの特徴であるスクリューバックの「イルカマーク」に寅さんのハットとトランクを加えたスペシャルデザイン。BEAMS JAPANロゴと『男はつらいよ』ロゴも特別に配している。ダイバーズウオッチとしてのスペックと美観を追求する一方で粋な遊び心を忍ばせた。

また数量限定の証としてシリアルナンバー(001/300〜300/300)が記されている。時計ファンのみならず寅さんファンにもたまらないスペシャルアイテムだ。

Info

発売本数:300本(シリアルナンバー入り)
発売日:11月20日(金) ※ビームス公式オンラインショップで10月1日(木)より先行予約をスタート。

URL:https://www.beams.co.jp/item/beams_japan/watch/56480011784/

問い合わせ先:公式オンラインショップ カスタマーサービスデスク ※受付時間 11:00~19:00(土日祝、年末年始を除く)

Tel. 0120-500-574

related

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。