Tory LanezがMegan Thee Stallion銃撃後の沈黙を破り新作『Daystar』をリリース|謝罪無しのリリースに批判や再生を控えるよう呼びかける声も

7月、車内でMegan Thee Stallionの足を銃撃し怪我を負わせ逮捕されたTory Lanez。その後彼は保釈されたもののSNSでは多くの批判を浴び、またそれに対するコメントも出していなかったが、本日突如として沈黙を破りニューアルバム『Daystar』をリリースした。

Complexによると、Tory Lanezは今日約2ヶ月ぶりに自身のTwitterを更新。「俺のファンたちへ。沈黙していて悪かった。でも、慎んで……今日がその時だ」とツイート。

Meganを銃撃した一件についての何らかの声明が発表されるとの予測が広がる中、彼は「黙っているべき時と、話すべき時がある。この中で言えることは全て言ったよ」と、アルバムのリリースを発表した。

『Daystar』は17曲入りのフルアルバムであり、収録曲の多くがMeganを銃撃した一件について触れられたものとなっている。1曲目“Money Over Fallouts”には自身への批判に対し「俺を炎上させてる奴らもクリーンとは言えない」「KelahniやKaash Pageのツイートが俺の心を傷つける」といったラインが含まれており、また4曲目の“Sorry But I Had To…”では自身を公然と批判したAsian DollやChance The Rapperに対する「Asian Dollが喋っているけど、君のことは知らないんだ。会ったこともないし、曲も聴いたことが無い」「Chance The Rapper、奴はあまりに筋違いだ」というディスや、自身に対する批判の多くが嘘であるとの主張を全編に渡って行っている。

謝罪どころかさらに物議を醸すような内容のアルバムを発表したことでSNSには波紋が広がっており、多くのユーザーが「謝罪どころかアルバムを出すなんて」「Meganを銃撃したことをプロモーションに使っている」というようにTory Lanezを批判しているほか、『Daystar』を再生しないよう呼びかける声も上がっている。

予想を裏切りまさかの新作りリースという動きを見せたTory Lanez。銃撃に関しての謝罪以上に批判への反発が彼の意識を占めているようだが、今回のリリースを受けての今後の動向も注目したい。

related

【コラム】Tory Lanezは有罪か? | Megan Thee Stallion銃撃事件の行方

と、9月26日につぶやいたところ、2日後にFNMNLの和田さんから「なかなか難しいテーマだと思いますが」と、気遣いながらこのテーマで書いてほしい、との発注がきた。ツイッターには「私、こんな情報に注目しています(=記事を書けますよ)」的な意味合いのつぶやきも紛れ込ませているので、いつもならありがたく、うれしい流れだ。でも、このメールを読んだとき、「来ちゃったか」とお腹のあたりが重くなった。今年の5月末に始まったアメリカでのBlack Lives Matterの盛り上がりを受け、日本でもなにが起きているのか理解しようと、様々な解説がされ、文化史を中心に黒人の歴史が見直され、検証されてきた。それ自体はいいことなのだが、今回の一連の抗議運動の土台となる「感情」を説明するのは非常に難しい、という事実も浮かび上がったように思う。そして、私は友人も多い黒人女性の現状について、過度にかわいそうに描かず、しかし実際にとても困難が多いことを伝えようとトライしては、挫折してきた。

Cardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”をディズニーの映像と合わせたパロディ動画が登場

当代きってのフィメールラッパー二人によるコラボ曲として大ヒットを記録しながらも、あまりに性的なリリックによって物議を醸したCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。今回、そんな同曲とディズニーの名作アニメ映画を組み合わせたファンメイドの動画が公開された。

Tory LanezがMegan Thee Stallionを銃撃してしまったのは「飲み過ぎていたから」と謝罪していたことが判明

パーティー会場においてMegan Thee Stallionを銃撃し、逮捕されたTory Lanezに対してはヒップホップシーンからも大きな批判が出ているが、Toryが銃撃した約15時間後にMeganへ謝罪していたことが判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。