Tory LanezによるMegan Thee Stallion銃撃事件についてChance The RapperやT.I.が自身の考えを語る

7月にMegan Thee Stallionが車内で銃撃された事件について、先週Megan本人によって告発を受けたTory Lanez。多くのファンがTory Lanezによる銃撃にショックを受ける中、Chance The RapperやT.I.が事件についての自身の考えを述べている。

XXLによると、Chance The Rapperは先週土曜、Twitterにて「Toryがしたことについて、Megに正義が味方することを願っている」と発言。

「僕たちがこの事件から学べるのは、全ての黒人女性にとって、死に至らしめるような暴力や虐待がいかに身近で、頻繁で、深刻な物なのかってことだ」と、Meganが受けた被害は黒人の女性にとって非常に身近かつ深刻な問題であることを指摘している。

また、T.I.もInstagramライブにて「なんてことだ、狂ってるよ。ちくしょう、許せない。俺は彼女を嘘つきだとは言わないし、誰かを嘘つきだと呼ぶつもりもないけど、ただ信じられない。想像もつかないことだ。めちゃくちゃだ、言葉も無いよ。全てが分かることを望んでいる。全部を知りたいんだ。彼が彼女を撃ったなんて馬鹿げてる。どんな状況でも、黒人の女性、全ての女性を撃った男は許されるべきじゃない」と語り、Tory Lanezの行動を強く批判した。また、「何か言ってくれよ。はっきりさせてほしい」と、彼に自身の行動についての声明を出し説明することを求めている。

当初はMegan Thee Stallionを銃撃した人物が誰であるかは明言されておらず、Tory Lanezが犯人であるという報道にも明確な根拠は存在しなかった。その上Meganの証言を疑うネットユーザーも少なからず存在し、彼女はSNSで自身の傷を公開するまでに追い込まれてしまった。その後Megan自身による告発や警察の発表によってTory Lanezの犯行であることが正式に明らかとなったが、事件に至った詳しい理由などは判明していない。

いずれにせよ、Tory Lanezに下る処分や今後の動向に注目したい。

related

Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。