『少年イン・ザ・フッド』第1巻の重版出来を記念したスペシャルグラフィックが公開

SITE(Ghetto Hollywood)による漫画家デビュー作『少年イン・ザ・フッドの第1巻が売れ行き好調につき重版出来となったのを記念して、スペシャルグラフィックが公開となった。

グラフィックデザインは、第1話の冒頭のコマが採用されており、一昔前の新聞・紙の全面広告のような仕上がり。なおQRコードを読み込むと、1~3話が試し読み出来る仕様となっている。

またSITEからもメッセージが到着した。

「マンガ家を目指していた子供時代の夢は、思春期に訪れたHIPHOPとの出会いで遠い思い出の彼方に消え去った…。と思ってたら、HIPHOP何でも屋を長年続けた結果、なんと40歳で新人マンガ家になれました。SITEです。伝説のミックステープを巡って90年代と現代を行き来する青春HIPHOPグラフィティは、フィクションだけど自伝的な要素も多分にあり、作品そのものが僕自身の成長物語になってます。Check It Shit Out!!!」

FNMNLではSITEのロングインタビューも掲載中なので、こちらもぜひチェックして欲しい。

Info

出版社: 扶桑社/発売日:好評発売中! /定価:本体1,300円 + 税  

販売サイト:https://amzn.to/33l30j1

related

【インタビュー】SITE 『少年イン・ザ・フッド』|「死んだまま生きてて楽しいか?」本当のB-BOYが描く“混ぜ物なし”のヒップホップコミック

80年代に音楽〜ファッション業界の人々、都市の不良たちによって種がまかれ、90年代後半に「さんピンCAMP」世代が花咲かせた「ジャパニーズ・ヒップホップ」ムーブメント。2010年代に、いくつかのTV番組がフリースタイル・ラップのブームを作り出すと、ヒップホップ・シーンを飛び出した「日本語ラップ」は、猛スピードで社会のオーバーグラウンド・サイドに浸透していく。その一方、2010年代末からは、それまで身バレや顔バレを嫌ってきたアンダーグラウンド・サイドの人間たちまでもが、こぞってマイクを握り始め、いわゆる「半グレラップ」のシーンを形成している。いまや「日本語ラップ」は、日本の表と裏を両面から覆い尽くしていると言っていいだろう。

SITEによるマンガ家デビュー作『少年・イン・ザ・フッド』の単行本第1巻が発売 | 帯コメントはPUNPEEと舐達麻

グラフィティライターやA&R、ミュージックビデオ監督など「ヒップホップ何でも屋」として活動してきたGhetto HollywoodことSITEによるマンガ家デビュー作『少年・イン・ザ・フッド』の単行本第1巻が9/2(水)に発売されることになった。

ZEN-LA-ROCKによるNEMESが90年代の漫画名作『サンクチュアリ』とJOURNAL STANDARDとのコラボコレクションを発表

ZEN-LA-ROCKがディレクターを務めるブランドNEMESが10周年を迎え、スペシャルなコラボレーション企画を発表した。今回は1990年にビッグコミックスペリオールにて連載が開始された原作・史村翔、作画・池上遼一による伝説の漫画『サンクチュアリ』とJOURNAL STANDARDとのトリプルコラ...

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。