My Classics Vol.9|長場雄

連載『My Classics』。この企画ではアーティストやデザイナーなどのお気に入りの一品と、これから欲しいアイテムや気になっているものを紹介していく。普通のインタビューでは中々見ることのできないアーティストの嗜好や素顔などが垣間見えるものに。

第9回目となる今回は、無駄を削ぎ落とした線画と、程よい抜け感の画風で人気のアーティスト/イラストレーターの長場雄をフィーチャー。AWAでプレイリストも公開しており、音楽好きな一面も持つ。好きなフードやファッションに加えて、幅広い音楽ジャンルから影響を受け今に到るという彼の、音楽のルーツにも迫った。

取材・構成:島田舞

写真:Cho Ongo

長場雄のMy Classics フード編 : 王様堂本店の浅草巻

- このおかきとの出会ったきっかけは?

長場雄 - スーパーに行くと必ずおかきコーナーをチェックしてて...おかき好きなんです。見たことないおかきがあると買ってみたり。おかきの中でも海苔が巻いてある品川巻が好きで、ある日紀ノ国屋に海苔の量が多い品川巻が置いてあるので手に取ったら、「浅草巻」という聞いたことのない商品名だったんですが、食べてみたらすごく美味しくて。それから紀ノ国屋に行く度に買ってはストックを切らさないようにしています(笑)

- ストックしてあるという事は、結構ハイペースで召し上がってるんですね。

長場雄 - 食べ始めると止まらなくて...(笑)一回開けるとパクパク一気に食べちゃう。

- 作業中に食べることが多いですか?

長場雄 - 作業中よりは家で小腹が空いた時に食べる事が多いです。

- 作業中に食べる物とか、ルーティーンとかあれば教えてください。

長場雄 - 仕事中は絵を描くからあんまり食べ物には触りたくなくて、唯一コーヒーはよく飲みますね。根詰めた作業がある時、提出後にコーヒー買いに行きます。近くのドーナツ屋でコーヒー買って、リセットしてから別の作業に入る様にしています。

- 他に好きな食べ物はありますか?

長場雄 - カレーが好きですね。下北沢によく行くんですけど、下北沢はカレー屋さんが多いので色々回っています。好きなお店は旧ヤム邸です。

長場雄のMy Classics アイテム編 :VAINL ARCHIVEの服

- VAINL ARCHIVEはデザイナーの大北幸平さんがディレクションを務めるReebok eightyoneで注目されてますよね。

長場雄 - ですね。展示会は何年も行ってて、毎回オーダーしています。

- 好きになったきっかけは?

長場雄 - とにかく着やすいので出かける時、すぐ手に取ってしまう(笑)奇をてらったことをやってないんだけど、大人っぽい洒落た感じとストリート要素がいい具合に混ざってて僕の好みです。カラーリングも落ち着いた色味が多いので取り入れやすいっていうのもあって色々買っています。毎日とまではいかないけど、週に何回も着ていますね。この間もアウター2着位買っちゃったし...こんなに買って着れんのかな?って感じですけど(笑)

- ヘビーユーザーですね(笑)トータルおおよそ何着位持っているんですか?

長場雄 - ざっと見ただけだけどパンツは5.6本、アウターも3着位で、パーカーは3.4着位かな...パンツは履きやすいし形が気に入ってて、毎回買っちゃう。

- 長場さんが描いている人物のファッションと近いテイストですよね。シンプルで普遍的なデザインというか。

長場雄 - そうですね。自分が好きなシルエットだから、描いてる人物にもそういう服装をさせたくなるのかも。

- 描いている人物のファッションは何かを参考にされていますか?

長場雄 - 最近は街中に行って、かわいい服装をしている方がいたら写真撮って、それを元に描いてる事もあります。

- ファッションに対するこだわりなどあれば教えてください。

長場雄 - 今は時代の流れもあってオーバーサイズで着ることが多いですね、Tシャツのサイズも段々大きくなっているし。

- 女性を描かれていることが多いですが、女性のこういうファッションが好きとかはありますか?

長場雄 - パンツ履いてる子を描くことが多いかもなぁ...スカートはあんまり描いてないかも。

- 確かに、どちらかというとボーイッシュなスタイリング多いですね。

長場雄 - そうそう、だからそういう服装が好きなんでしょうね(笑)

長場雄のMy Classics これから欲しいもの:オーディオ機器

- Mcltntoshのアンプ、GENELECのスピーカー、Taguchiのスピーカーが気になってると伺いました。こちらは職場用ですか?

職場用に考えてます。元々レコードなどで音楽を聴いていましたが、最近はサブスクでしか音楽を聴かなくなりました。サブスクになって気軽に楽しめる反面、すぐ忘れちゃう事が多く、昔だったらこのアーティストのこのアルバムが良いよねとかあったのにそういうのがどんどん薄れている気がします。何だか作っているアーティストに失礼なんじゃないかと思いつつ、気軽だからサブスクでズルズル聴いていたんです。でもやっぱり、自分の印象に残る環境作りをした方が良いんじゃないかと自粛期間中に思いました。良い再生装置を使ったら変わるんじゃないかと思い、今いろいろ探しています。

Mcltntoshのアンプは下北沢のカレー屋「茄子おやじ」で使ってたり、僕の通ってる代官山にある美容室「Praha」にも入ってたり。素敵なお店には置いてあるので気になっています。でもめちゃめちゃ高いんですよ(笑)

- しっかりとしたサウンドシステムを揃えるとなると、かなり大きい額になってきますよね。

長場雄 - そうなんですよ。色々オーディオ専門店とかにも見にいったりしてるんですけど、大きい額だから中々決めきれないですね。調べれば調べるほどオーディオって深いんだなって感じています。友達に聞いたら、「GENELECのスピーカーが良いよ、中目黒のvendorに置いてあるから行ってみなよ。」って言われて行ったらそれも良かったんですよ。昔vendorでよく買い物していたんですけど、そういえばこのお店良い音していたなって思い出しました(笑)こういうことを色々しながら、今週もTaguchiの新木場にある工場に行って、スピーカーを見る予定です。

- 以前AWAで「作業中に聴いてる音楽」をテーマにしたプレイリストをアップされてましたよね。そのプレイリストを拝見して、掲載しているアーティストや音楽ジャンルのテイストがFNMNLで掲載しているアーティスト(現行のヒップホップやR&B、インディーのアーティストなど)と近かったので、取材を依頼させて頂くきっかけの一つになりました。

元々はロックやパンクなどを聴いてたと伺ったのですが、そこからヒップホップやR&Bなどに移行した経緯を教えてください。

長場雄 - そうですね、高校生の頃はNirvanaなどのグランジが流行っててよく聴いていました。同時にヒップホップも聴いていました。

- 確かに、プレイリストには90sのヒップホップなども入ってましたね。

長場雄 - そう、Beastie BoysとかA Tribe Called Questとか聴いていました。R&Bとかもずっと好きだったから、並行して色々聴いていましたね。

- 現行の音楽は何で発見していますか?やはりプレイリストとかでしょうか。

長場雄 - そうですね。今はSpotifyをメインに使ってて好きな曲を追加していくとパーソナライズしてくれるから、自分が好きなテイストの新しい曲はどんどん聴ける環境になってますね。

- 作業中聴いている曲と、意識的に聴く曲の違いはありますか?プレイリストはどちらかというとカルムな曲調のものが多いですよね。

長場雄 - 両方そういう曲調のものが多いかもしれない。じっくり音楽を聴く時間があんまりなくて...(笑)何かしらしながら聴くことが多いから、感情を揺さぶられる曲はあんまり好きじゃないかな、テンポが割と一定なものが好き。

- 確かに、アップダウンが激しいと曲に意識が持っていかれちゃいますよね。

長場雄 - ヒップホップとかも、リリックが強いものだと2.3曲で疲れちゃう。だから割と穏やかなものに行く傾向があります。テクノとかハウスとかは昔色々聴いてて、クラブもよく行ってたけど、今は仕事中に聴いていると単調になりすぎちゃって自分が機械になっちゃう感じがする。だからヒップホップとかR&Bとか少し起伏のあるものを選んでます。

- 仕事中にテクノとかBPM速いもの聴いてると、追い立てられてる感じがしますよね(笑)

長場雄 - そうそう(笑)早く働け、みたいな(笑)どんどん機械化していく。

- ちなみに、国内のヒップホップのアーティストは聴きますか?

長場雄 - あんまり国内のヒップホップは聴かないんですけど、KID FRESINOとか聴きます。他にも聴いてるかもしれないけど、作業しながらだからアーティスト名まではあんまり覚えてないです、曲聴けば分かるかも。

- 確かにプレイリストで聴いてる場合、どのアーティストかあんまり把握できないですよね。

長場雄 - すごく気になったらお気に入り登録してますけど、海外のアーティストが多いですね。

- 長場さんのプレイリストは必ずFrank Oceanが入っていますね。他にはBADBADNOTGOOD、BROCKHAMPTONとか...

長場雄 - Frank Oceanはここ最近だと一番好きですね。

- 長場さんAWAのプレイリストの一番最初にMassive Attackが入ってて、ロックとかヒップホップとかを色々聴いていらっしゃると知った上でのこの曲選はグッときます(笑)

長場雄 - この曲好きですね(笑)プレイリスト作りは本業ではないんだけど、依頼されると嬉しくってずっと考えちゃう。

- イラストでアーティストを色々描かれてますよね。次この人描いてみたいっていう音楽アーティストはいますか?

長場雄 - Travis Scottは描いてみたい。他は誰だろう、Frank Oceanは描いたし...でも描くってなると、特徴がはっきりしているとか皆が分かりそうなヴィジュアルがある人が良いかな。Childish Gambinoとか、ANDERSON .PAAKとか、Migosとかもいいね。

- ありがとうございました。

Info

asics × Yu Nagabaによるシューズ & アパレルコレクションが発売

特設サイト

https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/sportstyle/yu-nagaba-20aw

発売日

9月18日(金)10:00am〜

発売店舗

・アシックス原宿フラッグシップ
・アシックス東京 有明ガーデン
・アシックス名古屋mozoワンダーシティ
・アシックス大阪リンクス梅田
・アシックス 大阪 心斎橋
・アシックスオンラインストア(https://www.asics.com/jp/ja-jp/mk/sportstyle/yu-nagaba-20aw

長場雄

http://www.nagaba.com/

Instagram

https://www.instagram.com/kaerusensei/

related

My Classics Vol.10|BudaMunk

連載『My Classics』。この企画ではアーティストやデザイナーなどのお気に入りの一品と、これから欲しいアイテムや気になっているものを紹介していく。普通のインタビューでは中々見ることのできないアーティストの嗜好や素顔などが垣間見えるものに。

AWAで長場雄、GUCCIMAZE、上岡拓也、Jun Inagawaが、在宅期間に聴いているプレイリストを公開

AWAが「STAY HOME」をテーマに毎日プレイリストを公開している、公式アカウント「ZAITAKU」。今回は長場雄、のGUCCIMAZE、Jun Inagawa、上岡拓也などの、人気デザイナーやイラストレーターをピックアップしたプレイリストを公開した。 プレイリストは4人それぞれが、家での...

My Classics Vol.8|lee(asano+ryuhei)

連載『My Classics』。この企画ではアーティストやデザイナーなどのお気に入りの一品と、これから欲しいアイテムや気になっているものを紹介していく。普通のインタビューでは中々見ることのできないアーティストの嗜好や素顔などが垣間見えるものに。 第8回となる今回は、唯一無二なサンプリングセンス...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。