伝説の詐欺音楽フェス『FYRE Festival』のグッズの販売が開始|収益は全て被害者に寄付

2017年に開催され、様々な理由で世紀の大失敗に終わった音楽フェス『FYRE Festival』。Netflixのドキュメンタリー『FYRE /夢に終わった史上最高のパーティ』の配信でさらに知名度を高めた同イベントのマーチャンダイズの、オークションでの販売が開始されている。

Dazed Digitalによると、『FYRE Festival』のTシャツやキャップ、リストバンド、その他の記念品がアメリカ連邦保安局から競売にかけられている。収益は全て、イベントの主催者であり詐欺罪で実刑判決を受けたBilly McFarlandの被害者の援助のために寄付される。

ニューヨークの連邦保安官Ralph Sozio氏はプレスリリースにて「Billy McFarlandから押収された『FYRE Festival』の衣類やその他のアイテムは元々『FYRE Festival』で販売される予定でしたが、公判前の釈放中にアイテムを販売し、さらなる犯罪行為の資金を用意する意図でMcFarlandによって保管されていました。これらのアイテムの販売による収益は、McFarlandの2600万ドルの詐欺の被害者のために使われます」と述べている。

オークションの実施は昨年3月にアナウンスされており、その際には「私たちは『FYRE Festival』の“本当だったもの”の詰め合わせを販売します。これらのグッズはニューヨークの特定の層から大きな注目を集めています」という皮肉なコメントが当局から寄せられていた。1年越しの開催となったオークション、果たしてどれほどの売り上げを記録するのか気になるところである。

『FYRE Festival』グッズのオークションはこちらで8月13日まで実施されている。興味のある方は是非チェックしてみてはいかが?

related

Ja Ruleが自身が主催し大失敗に終わったフェス『FYRE Festival』に言及した新曲“FYRE”をリリース

2017年に開催され、史上最悪の大失敗に終わった音楽フェス『Fyre Festival』。今年の頭には、その実態に迫ったドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティー』がNetflixにて公開され、大きな話題となった。そんな中、同フェスの主催者の1人であるラッパーのJa Ruleが“FYRE”と題した新曲をリリースした。

Ja Ruleが『FYRE Festival』を巡る裁判で賠償金の支払いを回避することに成功

Netflixのドキュメンタリー『FYRE/夢に終わった史上最高のパーティ』の配信などで再び注目を集めた2017年の音楽フェス『FYRE Festival』。「史上最悪のフェス」と名高く、主催者の一人が詐欺罪で逮捕されるなど曰く付きのイベントとなってしまったが、そんな『FYRE Festival』に広告担当として関わったJa Ruleが裁判でまさかの勝利を手にしたようだ。

ベルギーの音楽フェス『VestiVille』で出演者のキャンセルが続出し失敗に終わる|伝説の大失敗フェス『FYRE Festival』と比較する声も

昨年Netflixで配信されたドキュメンタリー『FYRE / 夢に終わった史上最高のパーティー』も話題となった音楽フェス『FYRE Festival』が記憶に残っている人も多いはずだ。ずさんな運営や資金繰りによって世紀の大失敗に終わった同イベントだが、とあるフェスが同じ轍を踏んでしまった。 C...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。