ゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし公認アーティスト募集オーディションを開催

「音質には妥協はない」をコンセプトに、マイクロホンやヘッドホンをはじめとしたオーディオ機器を開発、提供するゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし『ゼンハイザー公認アーティスト募集オーディション #DontStopTheMusic』を実施する。

今回のオーディションでは昨今のCOVID-19による様々な影響下においても音楽の素晴らしさと力を信じアーティストやユーザー、音楽産業への貢献を変わらず続けたいという想いのもと「#DontStopTheMusic」をグローバルに推進するゼンハイザーが、国内でも音楽シーンのいち早い回復と新しい時代を牽引していく次世代アーティストの活躍を願い積極的にアーティストのサポートを行っていくというもの。

オーディション通過者はゼンハイザーの機材提供、貸与やオンライン(配信)ライブのサポートなども受けられるなど、ゼンハイザーから今後の音楽活動のスケールアップにつながる様々なバックアップやサポートが用意されている。

今回のオーディションの募集はTuneCore Japanの特設募集ページより受付となっている。

Info

■名称:
「ゼンハイザー公認アーティスト募集オーディション #DontStopTheMusic」

■募集ページ:
https://www.tunecore.co.jp/wanted/sennheiserjapan_audition2020

■応募受付期間:
2020年8月1日 〜 2020年8月31日

■応募条件:
年齢、国籍、個人・グループ、ジャンル等は一切問いません。

■応募対象:
TuneCore Japan より、楽曲配信を開始(配信登録手続きを完了)しているアーティストが対象です。

■オーディション特典例:
・「Powered by SENNHEIISER」としてゼンハイザー公認アーティスト認定
・ゼンハイザーの機材提供、貸与
(機材の貸与においてはMVやオンラインライブ配信で使える最新の立体音響制作用機材も含まれています)
・自身の楽曲やMV、クリエイティブ等をゼンハイザー製品の販促、CMなどにおいて使用、展開
・協賛キャンペーン実施(ファンに対するプレゼントキャンペーンを、ゼンハイザーと共同実施)
・オンライン(配信)ライブのサポート
・ゼンハイザーHPでのインタビューコンテンツの掲載
・アーティストとゼンハイザーのSNSの相互フォロー
・Webメディア『THE MAGAZINE』における特集記事掲載

その他詳細や注意事項は、下記の募集ページをご確認ください。
https://www.tunecore.co.jp/wanted/sennheiserjapan_audition2020

related

TuneCore Japanがアーティスト同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能を提供開始

音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが、音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能をリリースした。

TuneCore Japanのアーティストへの2016年の還元額が前年比200%増。日本でもインディペンデントアーティストの存在感が年々大きく

デジタル音楽ディストリビューションサービスTuneCore Japanを利用したアーティストへの還元額が、2012年10月のサービスインから2016年末時点で14億円を突破、さらに2016年単年度では約8億円をアーティストに還元しており、2015年度の還元金額に対して、約200%の増加となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。