TuneCore Japanがアーティスト同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能を提供開始

音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanが、音楽アーティスト・ミュージシャン同士で曲の収益を自動分配できる「スプリット」機能をリリースした。

TuneCore Japanによるサービス利用者への還元額は2018年度で約25億円(前年比168%)、過去累計で約55億円と、インディペンデントなアーティストやレーベルによるiTunes、Apple Music、Spotify等からの収益は増加傾向にある。また楽曲制作においても、他のアーティストとのコラボレーションやフィーチャリング、複数のプロデューサー・アレンジャーの参加、バンド・グループでの活動など、複数人が関わることが少なくない時代的な背景から、各関係者ですべての音楽ストリーミング・ダウンロード収益を自動分配、再生回数などのアナリティクスデータを共有することで楽曲の可能性を広げるとともに、より安心できる音楽活動の場を提供するため「スプリット」機能の提供が開始された。

「スプリット」機能では、作品に関わったアーティスト、フィーチャリング、プロデュース、ディレクション、レコーディング、ミキシング、マスタリング、リミックス、レーベル、マネージメント、エージェント、プロモーション、アートワーク、ビデオ、作詞、作曲、編曲、訳詞、演奏等を行った関係者へ楽曲の収益を自動で分配できる。設定は分配したい相手のメールアドレスと%(割合)を入力するだけ。コラボレーター側は承認するだけで収益を受け取ることができ、自身が関わる楽曲の速報レポート・確定レポートを閲覧することができる。スプリット機能は無償で利用可能、ただし利用者はTuneCore Japanにアカウントを持っている必要がある。

INFO

【TuneCore Japan】

http://www.tunecore.co.jp/

TuneCore Japan内「スプリット」機能について
https://www.tunecore.co.jp/split

related

ゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし公認アーティスト募集オーディションを開催

「音質には妥協はない」をコンセプトに、マイクロホンやヘッドホンをはじめとしたオーディオ機器を開発、提供するゼンハイザーがTunecore Japanとコラボし『ゼンハイザー公認アーティスト募集オーディション #DontStopTheMusic』を実施する。

TuneCore Japanのアーティストへの2016年の還元額が前年比200%増。日本でもインディペンデントアーティストの存在感が年々大きく

デジタル音楽ディストリビューションサービスTuneCore Japanを利用したアーティストへの還元額が、2012年10月のサービスインから2016年末時点で14億円を突破、さらに2016年単年度では約8億円をアーティストに還元しており、2015年度の還元金額に対して、約200%の増加となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。