ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』が受講生の二次募集を受付中

Daichi Yamamoto、PARKGOLF、gummyboy、Tomggg、ASOBOiSMなどが講師として参加する、ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』の開講が、9月に延期になったのを受けて受講生の二次募集を数枠のみ開始している。

渋谷PARCOに開講されるGAKU内で行われるこの『Beat, Flow and Promotion』、隔週11回のクラスを通じて、ビート制作、ラップ、ビデオ撮影、デジタル配信、著作権処理、プロモーションまでアーティストに必要な知識や制作過程を一貫して学ぶことができる。講師陣には以下のアーティストや専門家などがラインナップ。

ビート制作:PARKGOLF、Qunimune、Tomggg
ラップ制作:ASOBOiSM、Daichi Yamamoto、gummyboy
ビデオ制作:月神ユエ、Pennacky、Yaona Sui
著作権について:水口瑛介(Law and Theory代表)

協賛はAbleton、LINE MUSIC、LINE RECORDS、SoundHouse、TuneCore Japanに加え新たにAdobeが参加することが決定。受講生の活動を全面的にバックアップしていく。8/8(土)にはYoutube Liveを使ったオンライン説明会があり、各クラスの詳細を聞くことができる。

Info

受講料:2万2000円(税別)
応募期間:2020/7/24-2020/8/10
対象:中学生、高校生、またはそれと同等の教育を受けているもの。
応募資格:音楽経験不問。PCの持参。保護者の同意を得ることのできるもの。
選考方法:下記フォームから応募。 追加で数名を選出。

https://gaku.school/class/beat-flow-and-promotion

<GAKUオンライン説明会>
日時:2020年8月8日(土)16:00~19:00
配信URL:https://youtu.be/yNerDSvzJ6E

タイムテーブル
進行:GAKU事務局長 熊井
16:00~ はじめに(GAKU 事務局による簡単なご挨拶)
16:10~ coconogacco foundation
16:30~ 東京芸術中学
16:50~ Town Play Studies
17:10~ 自分の興味をカタチにする
17:30~ 世界ずっと WONDER
17:50~ Beat, Flow and Promotion
18:10~ NEXT GENERATIONS ACADEMY
18:30~ Inspire High
18:50~ 終わりに(GAKU 事務局による簡単なご挨拶)

related

STUTSがミニアルバム『Contrast』を本日リリース | SUMIN、Daichi Yamamoto、鎮座DOPENESSを客演に迎えた"Mirrors"のSpikey Johnによるミュージックビデオを公開

STUTSが2年ぶりとなる待望の新作『Contrast』を本日9/16(水)にリリースし、収録曲で韓国のシンガーソングライターSUMIN、Daichi Yamamoto、鎮座DOPENESSを客演に迎えた"Mirrors"のミュージックビデオを公開した。

【インタビュー】Daichi Yamamotoが選ぶこれまで体験した20のベストライブ

昨年リリースした1stアルバム『Andless』でみせた多彩な音楽性と、歌とラップを自在に行き来するスキル、そして想像力をかき立てるようなリリックが注目を集めたDaichi Yamamoto。1

Daichi Yamamotoの最新EP『Elephant In My Room』から"Blueberry"のミュージックビデオが公開

本日、最新作『Elephant In My Room』をリリースし、成長した姿を見せたDaichi Yamamotoが、先行シングルとして発表していた"Blueberry"のミュージックビデオを公開した。 https://youtu.be/9xyFM2hz9t4 ミュージックビデオ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。