【ライブレポート】JP THE WAVY『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』|配信ならではのスタイルで魅せたライブの進化系

今年の4月、1stアルバム『LIFE IS WAVY』をリリースしたJP THE WAVY。リリースに合わせ先月末にEX THEATER ROPPONGIで自身初のワンマンライブを開催予定であったが、新型コロナウイルスの感染が拡大し続ける状況を受けて無期限延期が発表されてしまった。しかしその後、7月18日(土)に配信でのワンマンライブ『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』の開催が決定。事前にARやCGなどの映像演出を取り入れたパフォーマンスとなることが予告され、ファンを中心に大きな注目を集めることとなった。

初のワンマンライブであり初の配信ライブという、全てが未知数な中で開催となった『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』。期待に胸を膨らませながらリンクをクリックすると、8ビット調の「JP THE WAVY『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』の文字がショーの始まりを告げる。

そして、彼の代名詞とも言える楽曲“Cho Wavy De Gomenne”からライブがスタートした。ゲストとしてSALUも登場し、興奮はいきなり最高潮に。

続く“Kyomiga Nai Kanji”、“27”からはバックダンサーを引き連れ、JP THE WAVY自身もスキルフルなダンスを見せながらラップをする。MCでは「まさか自分の初めてのワンマンライブをこんな形でやるとは、自分でも想像していませんでした。でも、こういうのも全部ポジティブに受け止めて、これも良い経験になると思うんで」と意気込みを語り、「こっからも俺の友達が沢山出てくるんで。みんなついてこれますか?」との言葉と共に“畳-Tatami- Remix”が披露された。OZworldのアルバム『OZWORLD』収録のJP THE WAVYをフィーチャ―したトラック。ARで出現した炎と龍に導かれる様に今回はリモート出演となったOZworldがバックに映し出され、まるで実際にステージの上にいるかのようなコンビネーションを見せてゆく。

そのまま『LIFE IS WAVY』収録曲でありOZworld参加の“GOOD PEOPLE GOOD COFFEE”へ。リリックとリンクしたコーヒーカップのエフェクトがステージの上を彩る。画面の向こう側のバイブスも上昇したところで、「It’s the remix!」の掛け声とともに、同曲のリミックスバージョンが続け様にスタート。MonyHorseが実際にステージに登場し、続いてリモート出演のAKLOが画面に映し出される。さらにはLEXがステージに現れ、豪華なゲストが3者3様のリリックとフロウを披露する、完成度の高いパフォーマンスを見せた。

さらにリモート出演のMIYACHIをフィーチャーした“Beverly Hills”、“STAY”、“Shikkuri Konee”とライブは続く。ハードにダンスしながらも一切崩れることの無いJP THE WAVYのラップは、彼のエンターテイナーとしての地力が垣間見える。

3曲続けて激しいダンスを披露したJP THE WAVYは、流石にMCでは息を切らしながら「今までこんなに踊りながら歌うってことをしたことがなかったので、こんなに疲れるとは…ちょっと話が違うっすね(笑)」と漏らす。しかし「今回こんな状況でもリモートで参加してくれたOZworld、AKLOさん、そして現場に駆けつけてくれたMonyHorseとLEXには本当に感謝してます」と語り、続く “WE GOOD”がライブの第一幕を締めくくった。

第二幕に向けて、JP THE WAVYの衣装も変化。ゲームのキャラクター選択を思わせる演出で、『LIFE IS WAVY』のアートワークをあしらったTシャツからシルバーを貴重としたスタイルに変化する。


そして、VERBALをフィーチャーした“OK, COOL”からライブは再開。言わずと知れたビッグネームを呼び込むにあたり、宇宙船をイメージした背景と画面いっぱいを派手に埋め尽くす「ERROR」の文字が期待感を盛り上げる。ARのビジュアルと通じる、機械音を思わせるようなシンセと重たいベースが特徴的な、タイトルの通りクールなビートの上でスキルフルなラップを披露するVERBALの存在感は流石の一言。実際にライブで”OK, COOL“を披露するのは初という、ファンにとっても貴重な機会となった。

続けてJP THE WAVYの「超楽しいっす」という言葉を合図に“CHOTANOSHI”がスタート。Nasty Cもリモート出演し、カラフルなエフェクトと大勢のダンサーたちによるパフォーマンスが華を添える。


「VERBALさんもNasty Cも、本当にありがとうございます。今世界でいろんなことが起こってて凄い状況だけど、俺たちには音楽しか無いし、どんなことがあっても歌い続けるんで。何があっても歌い続けるんで、よろしくお願いします」とゲストアーティストたちへの感謝を語ったJP。「ここからはゆったり目な感じで、何曲かやりたいんで」という言葉に続いて“LIKE I LOVE YOU”のビートが流れると、ライブは一気にレイドバックしたムードに。そこからシームレスに次の楽曲“BLIND”に繋がる。続く“Just A Lil Bit”ではCGでSik-Kが登場。画面にSik-Kのパフォーマンスが合成され、二人のアドリブのコンビネーションも実際の共演を見ているようだ。

「次やるときは絶対にちゃんとステージで一緒にやりたいなって思ってます。絶対にそれは叶えます」と今後のライブへの期待も高めつつ、第2幕が終了となった。

再び衣装をチェンジしグレーのデニムジャケットが印象的なスタイルに着替えたJP THE WAVYは、バスケットボール選手の八村塁をテーマにした“Louis 8”をパフォーマンス。ダンサーもバスケのユニフォームに身を包み、楽曲の世界を再現した。

続くトラックはJP THE WAVYのキャッチコピーをタイトルに冠した“Neo Gal Wop”。クラブアンセムとしての楽曲のハードさはもちろん、ダンスのパフォーマンスも大迫力だ。

バックダンサーとして参加したKAZtheFIREとKAITAによるダンスパフォーマンスがスタート。ライブの合間にダンサーのパフォーマンスを取り入れる辺りに、ダンサーとしても活動するJP THE WAVYの、ダンスを単なるライブの演出ではなく一つの主役としても見せたいという意志が窺える。

クライマックスを飾る“Donut”では、フルCGのエフェクトがリリックとリンクするように、目まぐるしく画面を彩る。


JPらしいポップな世界観とポジティブなバイブスが満ち溢れるパフォーマンスは多幸感に満ちており、配信のライブだからこそ出来る表現の可能性をまざまざと見せつけられたような気がした。

“Donut”を歌い終えたJP THE WAVYは、MCで「普段、俺のライブ来てくれてる子は分かると思うんですけど、俺マジでMC苦手なんですよ」と明かす。しかし、その後の彼による「でも、一つだけ言えることは、今日このライブに関わってくれる方々やアルバムに関わってくれた全ての人たちがいなかったら、絶対今日こういう日は出来なかったと思うんで、本当にみんなにとても感謝しています」という言葉からは誠実な人柄が滲み出ているようだ。

「みんなに感謝です。俺の後ろにはDJのGONとRickyとNiinaがいてくれるし、その周りにもみんないてくれるし。本当にみんなに感謝です」という感謝の言葉と、本人も「思い入れが強い曲」と語るトラック“Blessed”でライブは終了となった。

エンドロールが終わると、なんとサプライズでRYO-ZとILMARIの二人が登場。今後のコラボも期待させるような粋な演出と共に、楽しい時間は幕を閉じた。

配信という形態ながら、実際に会場に足を運びライブを観るのとはまた違った感動を与えた今回の『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』。もちろん、今後のJP THE WAVYの作品やライブがますます楽しみになるようなショーケースでありながら、同時に配信でのライブの大きな可能性と表現の幅を実感することが出来る体験だったのではないだろうか。逆境を力に変え前進を続けるJP THE WAVYに今後も注目だ。

なお7/31(金)の18時から8/21(土)18:00まで同ライブが期間限定でアーカイブ配信されることになった。ぜひ未見の方は、レポートを読んでからでもアーカイブをチェックして欲しい。

Info

JP THE WAVY "LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS" ARCHIVE
詳細はこちら:​https://sorrywavy.jp
◼出演者:
JP THE WAVY
AKLO / LEX / MIYACHI / MonyHorse / Nasty C / OZworld / SALU / Sik-K / VERBAL (AtoZ)
◼アーカイブチケット料金: ¥3,000

◼アーカイブ配信メディア:
チケット販売期間:7月31日(金)18:00 〜 8月20日(木)18:00 アーカイブ配信期間:7月31日(金)18:00 〜 8月21日(金)18:00
<ローチケ Powered by ZAIKO / Streming+ (e+)> チケット販売期間:7月31日(金)18:00 〜 8月2日(日)18:00 アーカイブ配信期間:7月31日(金)18:00 〜 8月2日(日)23:59
※配信メディアによって販売期間 および 視聴可能期間が異なりますのでご注意ください。 ※チケットご購入の方は、配信期間中何度でもご覧いただけます。 ※配信メディアによって対応サービスや条件が一部異なります。視聴環境やお好みにあわせてご選択 の上ご視聴ください。
◼主催・企画:KSR Corp.
◼制作:REALROCKDESIGN
◼公演に関するお問い合わせ:KSR Corp. info@ksr-corp.com
※視聴方法、チケット購入に関するご不明点は、各配信メディアへお問い合わせください。

JP THE WAVY 1st Album「LIFE IS WAVY」
・CD & Digital Release
・Label : bpm tokyo
・Tracklist:
01. OK, COOL feat. VERBAL
02. Beverly Hills feat. MIYACHI
03. Kyomiga Nai Kanji
04. GOOD PEOPLE GOOD COFFEE feat. OZworld
05. GOOD PEOPLE GOOD COFFEE (Remix) feat. AKLO, MonyHorse, LEX
06. 27
07. Neo Gal Wop
08. Louis 8
09. Shikkuri Konee
10. WE GOOD
11. BLIND feat. Jay Park
12. Just A Lil Bit feat. Sik-K
13. LIKE I LOVE YOU feat. Ninety6miles
14. CHOTANOSHI feat. Nasty C
15. STAY
16. Blessed
17. Interlude
18. Donut
CD購入 / ダウンロード / ストリーミングはこちら: http://smarturl.it/LIFEISWAVY
▼ JP THE WAVY - Official HP
https://sorrywavy.jp

related

JP THE WAVYがBAD HOPのYZERRとのコラボ曲"NAMI"と"Thank GOD"と新曲2曲を発表

4月に1stアルバム『LIFE IS WAVY』を発表し、7月にはARやCGを駆使したデジタルワンマンライブ『LIFE IS WAVY VIRTUAL SPACE TOURS』を開催したJP THE WAVYが夏の終わりを感じさせるメロウな2 曲入りのシングルをリリースした。

AwichのLIVEWIREでのオンラインフリーライブにYENTOWNの面々に加え、BIM、JP THE WAVY、DOGMA、鎮座DOPENESSと豪華ゲストが出演

8/25(火)にスペースシャワーが手掛けるオンライン・ライブハウス『LIVEWIRE』にて開催されるAwichのフリーライブのゲスト出演者が発表となった。

LEXが来週リリースのニューアルバム『LiFE』の詳細が公開 | OZworld、JP THE WAVY、MIYACHI、Leon Fanourakis、SANTAWORLDVIEW、Fuji Taitoなどに加え C.O.S.A.も参加

10代を中心に高い支持を集めるLEXが、『LEX DAY GAMES 4』、『!!!』に続き3作目となるニュー・アルバム『LiFE』を8/26(水)にリリースするが、本日トラックリストやカバーアートが公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。