YPYによる最新作『Compact Disc』がBLACK SMOKERから登場

自身が率いるインストゥルメンタルプロジェクトgoatでの活動や、ハンドメイドカセットレーベルBirdfriendを主宰する日野浩志郎によるソロプロジェクトYPY。EM RecordsやロンドンのWhereToNow?、最近ではDresvnとしての活動でも知られるDynamo Dreesenの主宰レーベルAcidoなどからリリースする彼が、BLACK SMOKERから新作『Compact Disc』を8月にリリースする。

本作はCDのリリースと共に収録曲"China Dynamic"のセルフリミックスと未収録曲”Black Night of Hundred Songs”の2曲が収録された完全限定生産10インチダブプレートも同時発売となる。

マスタリングはテニスコーツやゑでぃまぁこんなどの音楽家の作品やライブにも参加する音響エンジニアの西川文章が手がけ、アートディレクションはKosuke Kawamuraが行っている。

YPYのサウンドに触れる度に感じる「計算された偶発性」の所以はどこにあるのか。
2016年にEM RECORDSよりリリースし、その名を世界に知らしめたアルバム「ズリレズム」や、自身が率いるインストゥルメンタルプロジェクト”goat”。それらプロダクションと比べ、今作で特筆される”恒常性を持ったリズム”と”絞った速度”。軸となるビートの固定は、シンセサイザーのアメーバのような突然変異を露出させる。 2020現在のダンスミュージックシーンにおいて鍵のひとつとなっているスローテクノの領域に踏み入れながらも、クラブにおける鳴りだけを意識せず、マシンそのものの出音をありありと感じさせる西川文章氏が手掛けたマスタリング。ドラムマシンの生々しい弾力、予測不能に波打つシンセサイザー。アナログマシンの動物的な変化と迫力をダイレクトに感覚できるのがこの「Compact Disc」なのだ。生き物で節をつけ、生き物で旋律を描く。マニュアル化≒ダンスミュージック化し得ない対象物を操縦することで生まれる”偶発性”。クラブサウンドシステムで彼の”低速の解釈”に身を委ねるにも、ヘッドホンでじっくりとYPYサウンドを紐解くにも適した重要作品。
Akie(Newtone records)

真っ先に思い浮かんだのは、YPYこと日野浩志郎氏の目だった。しなやかで凛とした目蓋と真直な眼。じっと見つめる先にあるのは、卓上に並んでいる氏が演奏する数台のハードウェアと、その少し上の空間に何層にも配列されたリズムパターン。レイヤー、レイヤー、またレイヤー。リズムを刻む素朴な音の帯が、次第に束になって少しずつ奥行きを増してゆく。それでも、卓越したダンスミュージックには聴者が身を置くことのできる隙間がある。そこに入り込んで、音の形跡を身体で追うことができる。『Compact Disc』に収められた6曲は、以前よりも明らかに、純粋な推進力を持ったリズムで構成されている。しかし確かに隙間に立って、それぞれ異なる音の形跡を追っていると、段々と揺れが生じていることが解る。その差は僅か。他者がどのレイヤーのどのリズムパターンを主として受け取って、頭を前後に揺らすのか、肩を横に揺らすのか、腰を下に沈めるのか、はたまた上に飛び跳ねるのか、という絶妙なギャップである。精細に追うなれば、数秒後には脳が痙攣を起こしたような状態になり、自然と没入行為へと移っていくので、ひとつ気をつけて欲しい。そして本作を聴いて数回が経つ頃には腰を抜かす。この6曲が、ライヴ由来の“生々しさ=狙い過ぎないこと”で引き起こされるユニークな偶然にどこまでも深く入り込んできた氏だからこそ、必然的に生み出せるフリーキーなダンスミュージックだと気付かされた時の感動で。そう、『Compact Disc』までの氏のプロセスが最早、弛まない作り込みを超える、“私たちをフリーキーにさせる巧妙さ”を成しているのである。
Romy Mats / Hiromi Matsubara (解体新書)


Info

YPY - Compact Disc
1. Cool Do! 15:52
2. Cold Disc 5:37
3. China Dynamic 5:39
4. Cashout Dream 5:29
5. Collapse Dojo 15:58
6. Comfortably Damege 5:38

http://blacksmoker.cart.fc2.com/ca631/565/p-r-s/

related

ベルリンのレーベルWorkshopから、工藤キキやYPYなど日本のアーティストが参加したEPがリリース

ベルリンを拠点にするハウス・テクノレーベルのWorkshopから、工藤キキやYPY、Yone-Ko、Iku Sakanという4名の日本のアーティストが参加したEPがリリースされている。

存続危機に直面している難波BEARSへのドネーションコンピが十三月よりリリース | GEZANやYPY、青葉市子なども参加

新型コロナウイルスの影響により存続危機に直面している大阪の老舗ライブハウスの難波BEARSへの、ドネーションコンピレーションがGEZANによるレーベル十三月からリリースされる。

日野浩志郎がソロプロジェクト・YPY名義でニューアルバムをリリース

バンド・goatやbonanzasでも知られ、10台以上のスピーカーや移動する演奏者を混じえてライヴを行うGEISTの作曲、演出を務める日野浩志郎が、ソロプロジェクト・YPY名義でニューアルバム「Be A Little More Selfish」を5月28日にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。