ベルリンのレーベルWorkshopから、工藤キキやYPYなど日本のアーティストが参加したEPがリリース

ベルリンを拠点にするハウス・テクノレーベルのWorkshopから、工藤キキやYPY、Yone-Ko、Iku Sakanという4名の日本のアーティストが参加したEPがリリースされている。

それぞれアンビエントテクノやエレクトロニカまで、各アーティストのスタイルがでた楽曲群となっているが、「ポストクラブとダンスフロア」の両者を同時に志向した内容となっている。

Info

Workshop 28 
A1 Yone-Ko - Strip Down To E 
A2 Kiki Kudo - Grand Street Piano 
B1 Iku Sakan - Cerebral Repertoire 
B2 YPY - Zero 

https://hardwax.com/83137/various-artists/workshop-28/

related

映画『戦慄せしめよ』の劇場公開記念ライブがWWW Xにて開催|鼓童、YPY × 山本達久、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uが出演

昨年2月に配信され、1月28日(金)よりシネマート新宿にてブーストサウンド、シネマート心斎橋にてboidsound限定上映他、全国順次上映される映画 『戦慄せしめよ』。その公開を記念したライブイベントが1月27日(木)に渋谷WWW Xにて開催される。

BLACK SMOKERからYPYの12インチシングルがリリース | CompumaとLena Willikensのリミックスが収録

BLACK SMOKERからYPYが8月にリリースしたアルバム『Compact Disc』から、日独それぞれのレフトフィールド代表を代表するDJでプロデューサーのCompumaとLena Willikensによるリミックスも収録した12インチがリリースされる。

YPYによる最新作『Compact Disc』がBLACK SMOKERから登場

自身が率いるインストゥルメンタルプロジェクトgoatでの活動や、ハンドメイドカセットレーベルBirdfriendを主宰する日野浩志郎によるソロプロジェクトYPY。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。