BLACK SMOKERからYPYの12インチシングルがリリース | CompumaとLena Willikensのリミックスが収録

BLACK SMOKERからYPYが8月にリリースしたアルバム『Compact Disc』から、日独それぞれのレフトフィールドを代表するDJでプロデューサーのCompumaとLena Willikensによるリミックスも収録した12インチがリリースされる。

Compumaは、ローファイかつスローテクノな原曲「Cool Do!」を、トレードマークの一つでもあるスクリュー仕様でさらに大幅にBPMを落とし、音のコ ラージュを重ねズブズブとCompumaワールドに引きずり込んでいく確信的な手法で「沼」を形成。一方Lena Willikensは「Cold Disc」の、原曲のじわじ わとした陶酔感は生かしながら、ぐっとピッチを上げ、意外にもトランシーな高揚感へと昇華させた完全フロア仕様なリミックスに仕上げている。好対 照なアプローチながら、二人とも兼ねてからYPYと交流があり、その魅力をよく理解した上での愛情あふれる仕事と言えよう。

ここ最近はドイツの辺境ダンス・レーベル、AcidoやWorkshopからもリリースを重ねていたYPYらしい人選の、オルタナティブなダンスフロアの光景。 (浅沼優子)

Info

YPY / Compact Disc EP remixed by Compuma & Lena Willikens

■発売日:11月下旬 ■納品日:11月下旬

side A Cool Do

side B
Cool Do (Compuma remix)
Cold Disc (Lena Willikens remix

related

ベルリンのレーベルWorkshopから、工藤キキやYPYなど日本のアーティストが参加したEPがリリース

ベルリンを拠点にするハウス・テクノレーベルのWorkshopから、工藤キキやYPY、Yone-Ko、Iku Sakanという4名の日本のアーティストが参加したEPがリリースされている。

YPYによる最新作『Compact Disc』がBLACK SMOKERから登場

自身が率いるインストゥルメンタルプロジェクトgoatでの活動や、ハンドメイドカセットレーベルBirdfriendを主宰する日野浩志郎によるソロプロジェクトYPY。

存続危機に直面している難波BEARSへのドネーションコンピが十三月よりリリース | GEZANやYPY、青葉市子なども参加

新型コロナウイルスの影響により存続危機に直面している大阪の老舗ライブハウスの難波BEARSへの、ドネーションコンピレーションがGEZANによるレーベル十三月からリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。