Billboardが全米チャートの集計方法を変更|グッズやチケットを含むバンドルパックやフィジカルに付属するダウンロードコードをカウントしないと発表

全米チャートを運営するBillboardが、今後アルバムチャート、ソングチャートの集計方法を変更することを発表した。

Complexが報じるところによると、Billboardは今後全米シングル・アルバムチャートを含む全てのチャートの中でライブのチケットやマーチャンダイズを付属したバンドルパックや、フィジカルでリリースされた作品に付属するデジタルダウンロードを売り上げとしてカウントしない新たなルールを発表。「今回の発表は、商品やコンサートチケットを含むアルバムのバンドルや、後日配信されるフィジカルのアルバムの購入に付随するインスタントデジタルセールスの売り上げのカウント方法を修正するためのものです」との声明がなされている。

Billboardによれば、今回の変更によって集計が行われなくなる売り上げは実際に消費者が関心を持っているものや適切な利益を反映していないとのことで、10月2日に新たなルールが適用されて以降は、バンドルパックとして販売されるアルバムは別途にアルバム単体を購入しない限りチャート成績に反映されないこととなる。

また、フィジカルに付随するダウンロードコードは、あくまでフィジカルの売り上げや出荷数がチャートにカウントされることとなるようだ。BillboardはこれまでAriana Grande、6ix9ine、Justin Bieberといったアーティストがフィジカルの発売から発送までの期間にデジタルダウンロードを通じてチャート成績における売り上げを担保していたことを指摘しており、今後こういった方法でチャートの順位を上げるということが不可能となってしまう。

今回の変更に伴いアーティストが受ける影響は未知数だが、より正確な売り上げが反映された新たな全米チャートが今後どのような変化を見せるか注目だ。

related

アメリカでの一週間のアルバム売り上げが過去最低を記録|新型コロナウイルスも影響か

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、音楽業界も深刻な打撃を受け続けている。先日は外出制限下でストリーミングサービスの再生数が減少している、との調査結果が発表されたが、今回、新たに驚くべきニュースがBillboardから発表された。

今年Billboard Hot 100にランクインしたフィメールラッパーがここ10年間で最も多い事が明らかに

2019年も7月を迎え1年の半分が過ぎ去ったが、Billboard Hot 100にランクインしたフィメールラッパーの数がこの10年間の中で、現時点で既に最多を記録した事がBillboardの発表によって明らかとなった。

TikTokからヒットしたLil Nas Xの カントリーラップ“Old Town Road”が「カントリーじゃない」という理由でカントリーチャートから外される

TikTokでの流行をきっかけにバイラルヒットしたLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーをフィーチャーしカウボーイのライフスタイルを歌ったこの楽曲は全米チャートで初登場83位を記録した他Apple Musicのカントリーチャートで1位となっていた。しかし今回、Billboardが同曲を全米カントリーチャートから除外することを決定したと報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。