アメリカでの一週間のアルバム売り上げが過去最低を記録|新型コロナウイルスも影響か

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、音楽業界も深刻な打撃を受け続けている。先日は外出制限下でストリーミングサービスの再生数が減少している、との調査結果が発表されたが、今回、新たに驚くべきニュースがBillboardから発表された。

大手調査会社のNielsenが3月19日の週の音楽データを集計したところ、アルバム全体の売上高がおよそ152万枚という記録だった。これはデジタルリリース、CD、LP、カセットなどあらゆるフォーマットでのアルバム売り上げを集計したものであり、前の週と比較して29%も減少していたという。

152万枚という数字はNielsenが1991年に音楽の売り上げデータの集計を開始して以来最も少ないものであり、Billboardによればアルバムの週間総売上高として1960年代半ば以来過去最低の数字であるという見込みだ。

もちろんデジタル、フィジカルを含めたアルバムの購入という行為自体がストリーミングサービスに移り変わっている、という現状もあるが、ここまで売り上げが急落した原因にはやはり新型コロナウイルスの影響があると思われる。2019年のアルバムの総売り上げは1億1275万枚で、これはアルバムの年間での販売枚数としては現状過去最低の数字だが、今年はこれをさらに下回る気配である。

一方でアナログレコードの売り上げは増加傾向にあり、2020年に販売されるアルバムの22.6%がアナログでもリリースされる、との調査結果も発表されている。

今後アルバムの売り上げ数がどのような推移を辿るか気になる所だ。詳しいデータはこちらから確認することが出来る。

related

Billboardが全米チャートの集計方法を変更|グッズやチケットを含むバンドルパックやフィジカルに付属するダウンロードコードをカウントしないと発表

全米チャートを運営するBillboardが、今後アルバムチャート、ソングチャートの集計方法を変更することを発表した。

今年Billboard Hot 100にランクインしたフィメールラッパーがここ10年間で最も多い事が明らかに

2019年も7月を迎え1年の半分が過ぎ去ったが、Billboard Hot 100にランクインしたフィメールラッパーの数がこの10年間の中で、現時点で既に最多を記録した事がBillboardの発表によって明らかとなった。

TikTokからヒットしたLil Nas Xの カントリーラップ“Old Town Road”が「カントリーじゃない」という理由でカントリーチャートから外される

TikTokでの流行をきっかけにバイラルヒットしたLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーをフィーチャーしカウボーイのライフスタイルを歌ったこの楽曲は全米チャートで初登場83位を記録した他Apple Musicのカントリーチャートで1位となっていた。しかし今回、Billboardが同曲を全米カントリーチャートから除外することを決定したと報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。