J-WAVEとBEAMS RECORDSによるクラブカルチャーを支援するTシャツプロジェクトにFNMNLも参加 | BlackEyePatch、Diaspora Skateboards、Jazzy Sport、ZEN-LA-ROCKなどがデザイン提供

J-WAVEが展開している「#音楽を止めるな」プロジェクトの一つとして、5/15から行われたBEAMS RECORDSとのライブハウス支援Tシャツの受注販売には2500枚以上のオーダーが集まった。そして本日から緊急事態宣言解除後もなお困難な状況が続いているダンスミュージック・クラブカルチャーの支援を目的にしたTシャツの受注販売がスタート。

このプロジェクトにFNMNLも参加。フォトグラファーのJun YokoyamaがUKで開催されたレイヴを撮影した写真をアートディレクターのKei SakawakiがデザインしたTシャツで、「rave, dance, get fxxed up」のメッセージも載っている。

SIZE:各 S,M,L,XL 価格:各 ¥3,960(税込)

他にもBlackEyePatch、Diaspora Skateboards、Jazzy Sport、ZEN-LA-ROCKなどクラブやストリートカルチャーに関係の深いアーティストなどがTシャツをデザインしている。売上 から制作・販売等にかかる経費を差し引いた全額を一般社団法人JDDAとクラブ支援基金「Dance Music & Club Culture Unite」を通じて東京都内を中心としたクラブ、ミュージックバーの事業者およびアー ティスト団体へ寄付・支援する。Tシャツの受注販売はe+ Shopにて本日から受付中。ぜひチェックして欲しい。

Info

タイトル:J-WAVE×BEAMS RECORDS ダンスミュージック・クラブカルチャー支援Tシャツ販売
企画:J-WAVE
協力:BEAMS RECORDS、イープラス、一般社団法人JDDA
特設サイト:​https://www.j-wave.co.jp/topics/2004_ongaku.htm
販売サイト(e+ Shop): 6/12(金)18:00~ https://shop.eplus.jp/ongakuwotomeruna/
J-WAVE公式サイト:​https://www.j-wave.co.jp/
『TOKYO M.A.A.D SPIN』番組サイト:​https://www.j-wave.co.jp/original/maadspin/

【デザイン制作アーティスト一覧】​※A-Z,五十音順
BEAMS RECORDS / BEATGRANDPRIX × TuneCore Japan / CAZUL×PLAYCOOL / cherry chill will / Cho Ongo / DJ Yummy / DMC JAPAN / face / FNMNL / Jazzy Sport / LONDON NITE / MUSIC DON'T LOCKDOWN(#MDL) / NOTHIN' SPECIAL / Technics×OTAI RECORD / BlackEyePatch / TOKYO RECORDS / t​okyovitamin / TOWA TEI / YUGO / ZEN-LA-ROCK / アフロマンス / 伊藤桂司( Unidentified Flying Graphics) / 小見山峻 / 小山ゆうじろう / 宮師雄一 / 本秀康 / 夜ジャズ -Revisit-
【デザイン制作アーティスト一覧 coming soon】※A-Z,五十音順
Diaspora Skateboards / GOLD FINGER × CHICKS ON A MISSION TOKYO / Jun Inagawa / REALLOCKDESIGN / and more.

【販売概要】
SIZE:各 S,M,L,XL 価格:各 ¥3,960(税込)
#音楽を止めるな プロジェクト ダンスミュージック・クラブカルチャー支援
J-WAVE×BEAMS RECORDS Tシャツ販売・第二弾 6月12日(金)18:00~販売スタート

1/3
*売上から制作・販売等にかかる経費を差し引いた全額を一般社団法人JDDAとクラブ支援基金「 Dance Music & Club Culture Unite」を通じて、東京都内を中心としたクラブ、ミュージックバー事業者 およびアーティスト団体へ寄付・支援いたします。
【支援先一覧】​※A-Z,五十音順
ageHa / AiSOTOPE LOUNGE / A-LIFE / Aoyama Tunnel / ATOM TOKYO / Bar bonobo / BATICA / BLOW UP / CAFÉ&DINER スタジオ / club bar FAMILY / CLUB CAMELOT / CLUB SIX TOKYO / Debris / DiA tokyo / Dimension / DINING BAR SCUBA / ELE TOKYO / GENIUS TOKYO / Geronimo / HARLEM / KOARA / Magambo / MUSE / OATH / Organ Bar / OTO / RED Bar / RUBY ROOM / Shibuya CLUB BALL / solfa / SOUND MUSIUM VISION / Suree / THE ROOM / TK SHIBUYA / UNDER DEER Lounge / UNDERBAR / V1LLA TOKYO / V2 TOKYO / Violetta / ZERO / 青山蜂 / 虎子食堂 / 東間屋 / マハラジャ東 京/翠月/ and more.

related

ThundercatとBEAMS RECORDSのコラボレーションで葵産業が手がけた刺繍ワッペン第二弾が発売

Thundercatが最新作『It Is What It Is』のリリース記念のコラボアイテムとして、BEAMS RECORDSと発売し大きな反響を得た刺繍ワッペンの第二弾が、8/26(水)から発売される。

Keita Sanoの『Come Dancing』のリリースを記念したMAD LOVE RECORDS × BEAMS RECORDSのダブルネームTシャツが登場

Spring TheoryやMister Saturday Nightなど、ハウス・テクノの名門レーベルからリリースを重ねるKeita Sano。繊細な音作りと骨太なサウンドで支持を集める彼が、自身の主催レーベルMAD LOVE Recordsから4曲入りのEP『Come Dancing』をリリースする。

J-WAVEによるクラブイベントが来週開催 | Licaxxx、okadada、Mars89などが出演

J-WAVEが現在行なっている偏愛サマーキャンペーンの一環として、8/13(火)に東京・原宿のSankeys PENTHOUSEでクラブイベント『J-WAVE SUMMER NIGHT』を開催する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。