Budweiserがアーティスト活動を支援するプロジェクト『RE:CONNECT』を日本でスタート

Budweiserが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有な危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト『RE:CONNECT』をスタートした。

当プロジェクトでは、今春実施予定だったクロスカルチャーイベント『BUDX』や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部、約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元するというもの。

音楽プログラム配信やオンラインでのエキシビジョン開催など、様々なアプローチを通じて、アーティストが活動できる機会、また危機に瀕するライブハウス/クラブ、バーなどの活用機会をつくりだし、このコロナ渦の状況下で「アーティスト、ファン、活動場所」をつなぎ直す活動となる。

『RE:CONNECT』では、日本で活躍するアーティストをキュレーターとして起用。キュレーターは、次代のカルチャーの担い手となる 新進気鋭のクルー、アーティストを複数人選定し、彼らそれぞれが独自のパフォーマンス配信やコンテンツを制作を行う予定だ。

具体的には、オンライン音楽プログラムや、オリジナルグッズの制作、またポッドキャストでの配信などを想定。各クルーが集まり、ジャンルを越境して、横断的にクロストークする場も設ける。

また、これまで営業停止を余儀なくされたライブハウスやクラブを配信やコンテンツ制作の場として活用。アーティスト、ライブハウス、そしてそのコンテンツを楽しむファン三者が繋がり、シーンの 「再生」への一助となるプロジェクトを目指していく。

Info

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp

Instagram
https://www.instagram.com/budweiser_jpn/

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwyptgjXrIPBoG 49jHA0ZTw/about

Facebook
https://www.facebook.com/BudweiserJapan/

Twitter
https://twitter.com/budweiserjp

related

愛知で開催されたフェス『NAMIMONOGATARI 2021』が感染対策のガイドラインを守らずに大きな批判を浴びる | 来年以降は県施設の使用は不可能に

昨日8/29(日)に愛知・常滑市の愛知国際展示場で開催された野外フェス『NAMIMONOGATARI 2021』が大きな批判を集めている。 国内の世代を超えた人気ラッパーが出演した『NAMIMONOGATARI 2021』だが、観客やアーティストがSNSにアップした画像や動画で、マスクなしで...

岡山の名ベニューYEBISU YA PROが経営危機により2回目のクラウドファンディングをスタート

岡山のライブハウス・クラブとして2010年にオープンしたYEBISU YA PROが、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが効かない状況が続いていることにより、本日5/15(土)から2回目となるクラウドファンディングをスタートさせた。

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。