Yo-Seaが沖縄のプロデューサーNGONGとの連名シングル"触れる"をリリース

Yo-Seaがデビューシングル"I think she is"以来のコラボとなる、沖縄のプロデューサーNGONGと連名シングルを本日リリースした。

波打ち際を連想させるNGONGのメロウなトラックが耳に心地良い当楽曲。24歳から25歳にかけて年齢を重ねる事へ焦燥感を感じ、このままでいいのかという内省的な部分がありつつも、未来へのポジティブなメッセージにも注目である。

この楽曲は現在製作中のNGONG名義のEPに収録予定だ。

 

Info

Yo-Sea & NGONG - "触れる"
https://linkco.re/6p59ra65

Yo-Sea
https://www.instagram.com/yo_sea7878/

NGONG
https://instagram.com/koji_ngongbeats?r=nametag

AOTL
https://www.instagram.com/aotl_tokyo/

related

沖縄を拠点にするビートメイカーのNGONGがEP『MOOD』をリリース | Yo-Sea、GOODMOODGOKU、3Houseなどが参加

沖縄を拠点にするビートメイカーのNGONGが、EP『MOOD』を本日7/24(日)にリリースする。

AOTLによるコンピレーション『X-FACTOR』と『X-FACTOR 2 “Deluxe”』が限定アナログ化 | IOやKEIJU、Yo-Sea、Gottz、MUD、3Houseなどが参加

Yo-Sea、3House、HIYADAM、GOODMOODGOKUらを擁するエージェント/レーベル、AOTLが2018年にリリースしたコンピレーション『X-FACTOR』と2022年にリリースされた続編『X-FACTOR 2 “Deluxe”』がアナログでリリースされることになった。

Yo-SeaがDaichi Yamamotoをフィーチャーしたサマーチューン"Nana"をリリース

Yo-SeaがDaichi Yamamotoを客演に迎えたニュー・シングル"Nana"を本日7/8(金)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。