【リレーコラム】新型コロナウイルスと私たちの生活 by MARIA|人類はこれをチャンスに変えるべき

新型コロナウイルスに置ける情勢下、人々の生活が目まぐるしく変化している現在。クラブやライブハウスのみならず、アーティストを含め音楽シーン全体が様々な影響を受けているのは明白な事実である。

この企画はアーティストに「今どのような生活を送っているのか?」をテーマにコラムを執筆してもらう全4回の短期連載である。第2回目は、SIMI LABのメンバーとしても活動するラッパーのMARIA。

文:MARIA

コロナ下の自分の生活、あえて大きな変化を挙げるなら、友達と会わなくなった事。毎週末行っていたクラブに行かなくなった事くらいかな。

この部分だけを聞くとダメージが少なく聞こえると思うけど。まぁ私も一応はアーティストでイベントなどのやむを得ない中止により収入が減ると言う事実もある。仮にアーティストじゃなくても緊急事態宣言が出た以上、職を失ったり、業務を自粛したり、利益的にもダメージを受けている場所は沢山あるとすぐわかる。

世界規模でのおおごとに直面するのは、私の記憶としては初めてで、みんなどうしたらいいのか、どうしたら日本、いや世界が救われるのか沢山考える事が増えたと思う。特にTwitter、Instagram、Facebookなどのネットワークがある中拡散されてくる情報はめちゃグローバル。世界の対策、日本の政策、むしろ意識しなくても、対応の差は目に入ってくる。

マスク不足を考慮した意図はわかるが...。4月1日、マスク2枚はタイミング的にもエイプリルフールかと誰もが苦笑したと思う。残念ながら人々の不安や不信感は強まってしまったように見えた。

もちろん、人々に分かりやすく伝える為に、「3つの密」と言う言葉も誕生したかとは思うが、失礼ながらも個人的には下ネタかと思ってしまった。飛んだ馬鹿な思考で申し訳ない。

人々が苦しんだり死んだりしているネガティヴなニュースが耳に入る中、人類が通常稼働しない事で空気の汚染が減ったり動物にとってや、環境の面は良くなっていると言うポジティブなニュースも入ってきた。皮肉にも"Corona virus"と言う曲はiTunesのトップチャートにくい込んだ。

娯楽施設に行けなかったりする事で溜まるフラストレーションもあるとは思うけど、私自身は案外、今までやらなきゃと思っててできなかった事をやったり、家族との時間を過ごしたり、会えない友達とは画面越しで話したり、Netflixを見たり、実際私生活では苦痛と感じてる事は少ない。むしろ、皆が忙しく時間に追われてるようなこの国にはちょうど良い息抜きになんじゃないかと思う時もある。

でも、皆が皆安定した生活を約束されてる訳じゃない事もわかってる。先進国である反面、その日暮らしの奴もめっちゃ居るのが日本。実際コロナのこの状況でどうするのが最善かって話題で柄にもなく友達とは何時間も討論した。敵は目に見えない訳だから、やりすぎなくらい徹底しなきゃ意味ないんじゃないかってのが私の考え。

「日本銀行券を刷ればいいだろ!インフレ問題は後で調整すればいいだろ!議員は給料を返上しろ!」情報番組から聞こえるビートたけしの訴えに、私は全くその通りだと思った。日本は今1つになる時じゃないかって感じた。

どうにもこうにも足掻いても変えられない事があるってわかった時にそれは自分の落度でもあると考えた。でもそう考えた時に、きっと私みたいに日本の在り方を始めから諦めてる私世代や、私よりヤングな世代が腐るほど居ると思ったら気持ちを発信せずにはいられなくなった。

だから政治とか?歴史とか?ぜんっぜーん知らない私でも日本を変えたい気持ちがあるって呟いた。1人じゃ届かない声も、沢山の声が集まれば叫びに変わりメッセージは伝わる。良い子ぶるとか知的アピールとかじゃなくて、ガチで選挙に行こって言った。そしたら、5千以上のリツイートをして頂いて、やっぱり皆で社会と向き合う時だと思った。

この未知なウィルスに対して陰謀論とかもあったり、私も「陰謀だ!」なんて思った時もあったけど、1つだけハッキリとわかったのはこのウィルスは人を選ばない。ブスでも美人でも貧乏でも金持ちでも無名でも有名でもなる時はなる。人を選ばないってことはさ誰しもが恐怖と向き合うって言う事。誰も無視できないって言う事。

コロナ下の自分の生活、ピンチ過ぎて、チャンスなんて発想は不謹慎にあたるかもしれないが、日本人を始め、人類はこれをチャンスに変えるべきだと思いました。より良い未来のために。

亡くなった方々へ心よりご冥福をお祈りいたします。

 

Info

MARIA

Instagram
https://www.instagram.com/mariasimisimi/

Twitter
https://twitter.com/mariappgirl

Vol.1 荘子it & TaiTan(Dos Monoshttps://fnmnl.tv/2020/05/01/96548

related

愛知で開催されたフェス『NAMIMONOGATARI 2021』が感染対策のガイドラインを守らずに大きな批判を浴びる | 来年以降は県施設の使用は不可能に

昨日8/29(日)に愛知・常滑市の愛知国際展示場で開催された野外フェス『NAMIMONOGATARI 2021』が大きな批判を集めている。 国内の世代を超えた人気ラッパーが出演した『NAMIMONOGATARI 2021』だが、観客やアーティストがSNSにアップした画像や動画で、マスクなしで...

【インタビュー】MARIA 『Deep Float』|強くはないけど、やるしかない

昨年9月にソロでの最新作『Deep Float』をリリースしたMARIA。すべてのディレクションを自身で担当した前作『Pieces』から3年振りとなる新作は、1stソロアルバム『DETOX』以来となるSUMMITとのリレーションシップにより生み出された6曲入りのEPだ。現行USラップの意匠を取り入れつつもバラエティー豊かな楽曲群のなか、埋もれない個性と言葉、そして歌を綴った彼女は、いかにしてこの作品を完成させたのか。そして本作に込めたメッセージの源泉を訊くべく、インタビューを行った。

岡山の名ベニューYEBISU YA PROが経営危機により2回目のクラウドファンディングをスタート

岡山のライブハウス・クラブとして2010年にオープンしたYEBISU YA PROが、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めが効かない状況が続いていることにより、本日5/15(土)から2回目となるクラウドファンディングをスタートさせた。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。