PORINによるブランドyardenのコラボプロジェクト第2弾にCHAIのユウキが登場

Awesome City ClubのボーカルのPORINがディレクターを務めるファッションブランドyardenのコラボレーションプロジェクトyarden+第2弾にCHAIのベースで作詞、アートワークを担当するユウキが登場。

yardenは、造園会社を経営する親の元で、幼少の頃から植物と自然に囲まれ育った彼女のルーツ「yard」と 「garden」を組み合わせ名付けられ2019年春夏にスタートしたブランドである。「光に包まれ風に揺れる花木のように、触れる人たちの日常を豊かに彩る衣服」をブランドコンセプトに掲げ、ディレクターのバックボーンをアパレルに忠実に落とし込んだミニマルかつ斬新なデザインで音楽とファッション、そして性別の垣根に囚われないボーダレスな活動を続けている。

今回のコラボレーションでは今回の為だけに特別に描き下ろされた、ユウキが描くアセビの花をテキスタイルに落とし込んだセットアップやワンポースを軸に、ポロシャツやショーツなどスポーティーなアイテムも展開。2人の美学が色濃く反映されたプロダクトが並ぶ。LOOKBOOKのフォトグラファーを務めるのは、東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsに所属するフォトグラファーのCho Ongoだ。

このアイテムは4/24(金)より、オンラインにて受注開始予定。第一弾の雨のパレードの詳細はこちらから確認できる。

Info

yarden
https://yarden.jp/

『yarden+』
第一弾:yarden+雨のパレード(3月)
第二弾:yarden+CHAI ユウキ(4月)
第三弾:yarden+BiSH セントチヒロ・チッチ(5月)

related

CHAIが新年第一弾の新曲"ACTION"を地元・名古屋の企業ブラザーとのコラボで披露

昨年はGorillazとのコラボレーションやSUB POPとの契約など躍進が止まらないCHAIが、2021年第1弾となる新曲"ACTION"を発表する。

BEST BUY 2020 Selected by MANA & KANA (CHAI)

今回は米レーベルSUB POPとの契約やGorillazとのコラボ、竹内まりや“Plastic Love”のカバーなどで世界的に話題を呼び続けたCHAIのMANAとKANAが登場。

アーティストや所縁のあるショップが出品するフリーマーケットサイト『GOOD VIBES SHARING』がローンチ | CHAIやTENDRE、xiangyu、柴田ひかり、MA1LLなどが参加

スペースシャワーネットワークが、カルチャーフリーマーケットサイト『GOOD VIBES SHARING』を本日12/14の22時にローンチする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。