謎の部屋からプロデューサーがライブ配信する企画『HOMEWORK PROGRAM』に荘子itが登場

謎の部屋からプロデューサーがライブ配信する企画『HOMEWORK PROGRAM』の第二回目にDos Monosの荘子itが登場する。

4/9にpavilion xoolが初回に登場したこの企画、無人の部屋からの定点カメラでのライブ配信となり、映像ディレクターは新進気鋭のRai Hashimotoが務めている。

様々なアーティストが今後も週1の曜日不定期で出演予定だ。

Info

番組公式youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCWmXyRai0iTv-UMsDl2vvGQ

related

【リレーコラム】新型コロナウイルスと私たちの生活 by 荘子it & TaiTan(Dos Monos)|僕はさなぎの中の液体になりたい

新型コロナウイルスに置ける情勢下、人々の生活が目まぐるしく変化している現在。クラブやライブハウスのみならず、アーティストを含め音楽シーン全体が様々な影響を受けているのは明白な事実である。 この企画はアーティストに「今どのような生活を送っているのか?」をテーマにコラムを執筆してもらう全4回の短期...

荘子itによるイベント『DIASCHOLA』がContact Tokyoで開催|ゲストに柳樂光隆、大谷能生などが登場

Dos Monosの荘子itが主催するイベント『DIASCHOLA』が10/23(水)に渋谷のContact Tokyoで開催する。

SERGIO TACCHINIと荘子itのコラボレーションアイテム発売を記念したコラボポップアップが開催

イタリアのテニスチャンピオンのセルジオ・タッキーニが設立したスポーツウェアブランド SERGIO TACCHINIとDOS MONOSの荘子itがコラボレーションアイテムを記念し、ポップアップをR GENERAL STOREにて開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。