原宿のカレー屋HENDRIXのファンTシャツが発売 | デザインはbalの江田龍介が担当し利益は全てHENDRIXへ

東京・原宿にある人気のカレー屋HENDRIXのファンTシャツの受注販売がスタートしている。

デザインはHENDRIXの名前の由来となったあのアーティストへオマージュを捧げたものとなっていて、デザインはbalの江田龍介が担当している。制作費を除いた利益が全てHENDRIXに渡される。

Info

▪︎受注期間4/12 20時〜4/24 24時まで
▪︎受注サイト http://store.teaclubschemeteam.com @tea_club_scheme_teamさんのプロフィール欄にURLがございます
▪︎商品発送予定 6月上旬(今後の状況によっては遅れる可能性もございます)

またHENDRIX @hendrix93_officialさんでは現在冷凍カレーの販売も始まっております。是非お店のアカウントのプロフィール欄をチェックしてください!

related

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。