星野源の「#うちで踊ろう」に安倍首相が便乗し大きな批判を浴びる

星野源がSNSで公開した新曲“うちで踊ろう”は、これまでSTUTSやgrooveman Spot、mabanua、lee (asano+ryuhei)など多くのアーティストや著名人がコラボ動画をアップしており、新型コロナウイルス感染拡大の中で大きなムーブメントとなっている。

そんな中、4/12(日)に安倍首相が“うちで踊ろう”とのコラボ動画をアップした。この動画は家にいる首相が愛犬とじゃれあったり、優雅に紅茶を飲む内容となっているが、この動画に対して大きな批判の声が集まっている。首相をはじめとした政府は、これまで真っ先に自粛を強制に近い形で要請したライブハウスやアーティストに対しての個別補償を否定しており、音楽をはじめエンタメ業界が先の見えない状況に苦しんでいる。そんな中で音楽の政治利用やフリーライドを批判する声や、感染拡大が止まらない状況の中で、政治家がすべき事ではないという意見などたくさんの批判がコメント欄に寄せられている。

Rihannaは以前トランプ大統領の政治集会で自身の“Don't Stop The Music”が使用されたときに、「もうそんなことさせない」と反対の意向を示しており、Pharrellも"Happy"を使用されたときに「あなたにこの曲をこのような目的で使用することを許可していない」とコメントしている。

related

星野源が『スーパーマリオブラザーズ』の35周年ソングとして提供した"創造"をリリースへ

星野源が新曲"創造"を2/17(水)にリリースする。

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。