Megan Thee Stallionが自身のセクシャルなリリックへの批判に対し「男性は怖がってるんだと思う」と持論を語る

レーベルとの契約問題を乗り越えリリースされたアルバム『SUGA』でも高い評価を受けたMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身のラップで取り扱うトピックについての意見やジェンダー観についての持論を語っている。

Geniusによると、Megan Thee Stallionはインタビューの中で自身のリリックが受ける批判について触れ、「男はいくら平凡なことを歌っていても称賛を受けることが出来る。ドラッグをやって、家を襲ったりね。でも私がヴァギナのことを歌った途端、この世の終わり?みんな何に怒っているの?セックスのことについてラップしても怒らないでしょ。みんなが怒ってるのはそういうことじゃない」と語った。要するに、男性がいくらドラッグや暴力などについてラップしても批判を受けないのに対し女性がセクシャルなトピックを取り扱った途端批判を受ける、というジェンダーバイアスが存在するということだろう。

続けて「これは根深いものだと思う。私はただセックスについてラップするだけじゃなくて、男が私を気持ち良くさせることについて歌ってる。私があんたたちのモノを舐めることについて歌ってるんじゃない。あなたが私の言った通りにしてくれる、ってことで、それが威圧的に感じられることもあるかもしれない。一部の男性にとってはね。彼らはそれをどう捉えて良いか分からなくて、動揺して、怖がってるんだと思う。でも別に私はどこにも行かないから、慣れてほしいね」と語り、自身の直情的なリリックにショックを受ける男性に対し一定の理解を示しつつも恐れることはないとメッセージを送った。「私は女性がパワフルな存在だってことを知ってる。私たちは女性がみんな子供を産むってことを知ってる。こういうことを知ってるから、女性がもっと高い水準で扱われるべき、っていう考えに腹を立てることも出来ない。私たちは究極の存在、超越した存在なんだよ」との言葉から、彼女の持つ女性に対するエンパワメントの意識が伝わる。

女性が過激なリリックを歌うことに対して批判的な意見を寄せられるケースは未だに存在するが、それがある種のジェンダーバイアスに基づいたものであることは確かだ。Megan Thee Stallionのようなスタイルのラッパーでさえもそのような批判を受ける辺りに問題の根深さが窺えるだろう。

インタビューの全文はこちらから読むことが出来る。

related

Megan Thee Stallionがグラミー賞の問題を巡り「私たちはThe Weekndが大好き」と語る

昨日行われた2021年グラミー賞の授賞式。Billie Eilishの連覇やMegan Thee Stallionの最優秀新人賞受賞など、その結果もさることながら、昨年最大のヒット作となったThe Weekndの『After Hours』が一切ノミネートされなかったことから彼が受賞式をボイコットしたことが大きな話題を呼んでいた。そんな波乱続きのグラミーだが、今回、Megan Thee StallionがThe Weekndについて語ったコメントが報じられている。

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

Calvin Kleinの春のキャンペーンにMegan Thee Stallion、Koffee、Rina Sawayama、Sage Elsesserなどが登場

Calvin Kleinがジーンズとアンダーウェアの春のグローバルキャンペーン『Blank Canvas』を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。