Megan Thee Stallionが自身のセクシャルなリリックへの批判に対し「男性は怖がってるんだと思う」と持論を語る

レーベルとの契約問題を乗り越えリリースされたアルバム『SUGA』でも高い評価を受けたMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身のラップで取り扱うトピックについての意見やジェンダー観についての持論を語っている。

Geniusによると、Megan Thee Stallionはインタビューの中で自身のリリックが受ける批判について触れ、「男はいくら平凡なことを歌っていても称賛を受けることが出来る。ドラッグをやって、家を襲ったりね。でも私がヴァギナのことを歌った途端、この世の終わり?みんな何に怒っているの?セックスのことについてラップしても怒らないでしょ。みんなが怒ってるのはそういうことじゃない」と語った。要するに、男性がいくらドラッグや暴力などについてラップしても批判を受けないのに対し女性がセクシャルなトピックを取り扱った途端批判を受ける、というジェンダーバイアスが存在するということだろう。

続けて「これは根深いものだと思う。私はただセックスについてラップするだけじゃなくて、男が私を気持ち良くさせることについて歌ってる。私があんたたちのモノを舐めることについて歌ってるんじゃない。あなたが私の言った通りにしてくれる、ってことで、それが威圧的に感じられることもあるかもしれない。一部の男性にとってはね。彼らはそれをどう捉えて良いか分からなくて、動揺して、怖がってるんだと思う。でも別に私はどこにも行かないから、慣れてほしいね」と語り、自身の直情的なリリックにショックを受ける男性に対し一定の理解を示しつつも恐れることはないとメッセージを送った。「私は女性がパワフルな存在だってことを知ってる。私たちは女性がみんな子供を産むってことを知ってる。こういうことを知ってるから、女性がもっと高い水準で扱われるべき、っていう考えに腹を立てることも出来ない。私たちは究極の存在、超越した存在なんだよ」との言葉から、彼女の持つ女性に対するエンパワメントの意識が伝わる。

女性が過激なリリックを歌うことに対して批判的な意見を寄せられるケースは未だに存在するが、それがある種のジェンダーバイアスに基づいたものであることは確かだ。Megan Thee Stallionのようなスタイルのラッパーでさえもそのような批判を受ける辺りに問題の根深さが窺えるだろう。

インタビューの全文はこちらから読むことが出来る。

related

Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

Snoop DoggがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を批判|Offsetは「女性がやることに男性が踏み入るべきじゃない」と反論

今年を代表するヒット曲となったCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。そのあまりにセクシャルなリリックにより保守的な層から批判を浴びたことも話題を呼んだが、今回、あのSnoop Doggが“WAP”に苦言を呈し話題を呼んでいる。

【コラム】Tory Lanezは有罪か? | Megan Thee Stallion銃撃事件の行方

と、9月26日につぶやいたところ、2日後にFNMNLの和田さんから「なかなか難しいテーマだと思いますが」と、気遣いながらこのテーマで書いてほしい、との発注がきた。ツイッターには「私、こんな情報に注目しています(=記事を書けますよ)」的な意味合いのつぶやきも紛れ込ませているので、いつもならありがたく、うれしい流れだ。でも、このメールを読んだとき、「来ちゃったか」とお腹のあたりが重くなった。今年の5月末に始まったアメリカでのBlack Lives Matterの盛り上がりを受け、日本でもなにが起きているのか理解しようと、様々な解説がされ、文化史を中心に黒人の歴史が見直され、検証されてきた。それ自体はいいことなのだが、今回の一連の抗議運動の土台となる「感情」を説明するのは非常に難しい、という事実も浮かび上がったように思う。そして、私は友人も多い黒人女性の現状について、過度にかわいそうに描かず、しかし実際にとても困難が多いことを伝えようとトライしては、挫折してきた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。