Megan Thee Stallionがレーベルとの契約問題について明かし「奴隷のように扱われたくない」と語る

新作『Suga』のリリースを控えたMigan Thee Stallion。そんな彼女はリリースにあたってレーベルとの契約問題に直面していることが報じられているが、今回、騒動についてのMegan本人の心境が語られている。

本日リリース予定の『Suga』はMeganの所属レーベルである1501 Certified Entertainmentとの契約上リリースが許可されていないアルバム、ということになっており、レーベル側は裁判所を通じて彼女が契約に抵触している、との主張を行なっていた。しかし、テキサス州裁判所によって彼女が作品を発表する一時的な許可が与えられたことが昨日報じられている。

Complexによると、Hot97の番組に登場したMeganは新作について尋ねられ「アルバムは制作している途中だから、新作をアルバムと呼ぶ気は無いよ。私は“この音楽を世に出さなきゃ。何が起こるか分からないし、ファンを何も残さないまま放って置かないようにしないと”って感じだった」とした上で、「お金が欲しいわけじゃなくて、ただ公正であってほしい。正しい合意がしたい。物のように扱われたくないし、奴隷のように扱われたくないんだよ。ただ人間として扱ってほしい。正しいことは正しいことだし、フェアなことはフェアなことだから」と語っている。

レーベルとの契約によって長く新作をリリース出来ずにいるLil Uzi Vertを始め、契約問題はアーティストのキャリアにとって大きな打撃となりかねない。果たしてMegan Thee Stallionは今後新作を無事にリリース出来るのだろうか?

Hot97での彼女のインタビューはこちらから観ることが出来る。

related

Cardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”をディズニーの映像と合わせたパロディ動画が登場

当代きってのフィメールラッパー二人によるコラボ曲として大ヒットを記録しながらも、あまりに性的なリリックによって物議を醸したCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。今回、そんな同曲とディズニーの名作アニメ映画を組み合わせたファンメイドの動画が公開された。

Tory LanezがMegan Thee Stallion銃撃後の沈黙を破り新作『Daystar』をリリース|謝罪無しのリリースに批判や再生を控えるよう呼びかける声も

7月、車内でMegan Thee Stallionの足を銃撃し怪我を負わせ逮捕されたTory Lanez。その後彼は保釈されたもののSNSでは多くの批判を浴び、またそれに対するコメントも出していなかったが、本日突如として沈黙を破りニューアルバム『Daystar』をリリースした。

Tory LanezがMegan Thee Stallionを銃撃してしまったのは「飲み過ぎていたから」と謝罪していたことが判明

パーティー会場においてMegan Thee Stallionを銃撃し、逮捕されたTory Lanezに対してはヒップホップシーンからも大きな批判が出ているが、Toryが銃撃した約15時間後にMeganへ謝罪していたことが判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。