イラストレーター、アーティストの我喜屋位瑳務による個展『Pineal body』がCOMMONにて開催

イラストレーター、アーティストとして活動する我喜屋位瑳務(がきやいさむ)の個展『Pineal body』が3月27日(金)より原宿のギャラリーCOMMONにて開催される。

イラストレーターとアーティスト、二つの側面から自身の世界を構築する我喜屋位瑳務。25 歳より作家活動を開始した彼は、マテリアルや手法を問わず、自身の記憶や夢をたよりにこれまで制作を続けてきた。彼の作品にある絶妙な曲線の筆圧や画面構成などからみてとれる繊細な感性は多角的な評価を得ている。

ⒸIsamu Gakiya
ⒸIsamu Gakiya

誰もが持つ過去の記憶や昨日みた夢。そんな視覚的表現が困難でありながらも確かな存在を、我喜屋は彼のフィーリングをもってアウトプットし、自身の世界を拡張する。

それは、鑑賞する我々にも一種のエモーショナルな感覚として共有され、空間に心地よさを招くものとなる。

本展『Pineal body』では過去作のドローイング、コラージュに合わせ、本展に合わせ制作された大型作品を展示。自身と向き合うように作品とも誠実に相対する我喜屋位瑳務の世界を存分に鑑賞できる空間となっている。また、オープニングは展示会場にて作家本人を招き開催される。

Info

我喜屋位瑳務 「Pineal body」

会期:2020 年3 月27 日[金]-2020 年4 月5 日[日](無休)

オープニング:2020 年3 月27 日[金] 18 時 - 21 時

会場:COMMON 東京都渋谷区神宮前6-12-9 1F

時間:13:00 - 19:00

TEL : 03-6427-5834

HP : http://www.gallerycommon.com

Instagram : @gallerycommon

related

大阪のギャラリーPulpが存続のためのクラウドファンディングを開始

大阪・南堀江で2010年にオープンしたギャラリーPulpは、これまでデザイナー、音楽家、漫画家、芸人などいわゆる「アート」の文脈に縛られることなく、様々なアーティストの発表と出会いの場となることを目標に、多くの展示やイベントを開催してきた。

アートエキシビジョン『HICHIFUKU』がオンラインで開催

14回目を迎えるアートエキシビジョン『HICHIFUKU』がオンライン開催中だ。

BANKSY本人を捉えた作品集が発売

1997年より覆面アーティストBANKSYのマネージャーを務めたSteve Lazaridesが手掛ける、BANKSY 本人をとらえた作品集『BANKSY CAPTURED』が数量限定で発売。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。