Lil Uzi Vertの新作『Eternal Atake』が全米アルバムチャートで初登場1位に

レーベルとの契約問題、引退騒動など様々な紆余曲折を経てついにリリースされたLil Uzi Vertの最新作『Eternal Atake』。ファン待望のアルバムとあって大きな話題を呼んだ同作が、チャート上でも大きな成果を上げたことが明らかになった。

XXLによると、3月15日(日)に更新されたBillboardの全米アルバムチャートで初登場1位を記録。アルバムは4億回以上のストリーミング数を記録し、これは2018年にリリースされたLil Wayneの『Tha Carter V』以来の記録となる。

さらに楽曲単位でも大きなヒットを記録しており、収録曲“Baby Pluto”がSpotifyの全米トップ50チャートで1位にランクイン。昨年末より長く1位となっていたRoddy Ricchの”The Box“が初めて1位から退いた形となる。

『Eternal Atake』は日本時間で3月7日(土)にサプライズリリースされ、それからわずか一週間となる先週金曜日にChief Keef、Young Thug、Future、21 Savageなどのゲストを迎えた新曲を加えたデラックスバージョンがリリースされた。そのため同作は現在も再生回数を爆発的に伸ばし続けており、今後も大きなチャート成績が期待されているようだ。

今後も『Eternal Atake』を巡る動きに注目である。

related

Playboi Cartiが新作をリリースしなかったことでファンは荒れ、Lil Uzi Vertは煽る

今週月曜、待望の新作『Whole Lotta Red』をリリースすると予告していたPlayboi Carti。先週には先行シングル“@Meh”がリリースされたためファンの間にも期待が広がっていたが、実際には『Whole Lotta Red』は現在に至るまでリリースされずにいる。その結果、Playboi CartiとLil Uzi Vertのファンの間で疑問の声が多く上がっているようだ。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

Lil Uzi Vertのシングル“That Way”のアートワークが剽窃であったという問題が浮上

先日リリースされた待望のニューアルバム『Eternal Atake』も高い評価を受けているLil Uzi Vert。そんな中、先行リリースされたシングル“That Way”のアートワークについてとある問題が発生し話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。