Hellrazorの2020SS LOOKが公開

東京を中心に活動し、DOWN NORTH CAMPとのコラボレーションやNYでのPOPUPなど近年話題をよんでいるスケートブランドHellrazorの2020SS LOOKが公開された。

オリンピックイヤーを迎える今季のHellrazorが掲げるテーマは『Viable』。生まれたばかりの胎児でも強く生きていくような生命力の宿ったプロダクトには、ブランドとして強く存在していこうとする確かな姿勢が感じられる。また、今シーズンはスケートカルチャーに限らず様々なスポーツから受けたインスパイアを独自の解釈によって、プロダクトに落とし込んだラインナップだ。昨シーズンよりもさらに充実した型数を揃え、シャツ以外のアイテムは全てオリジナルのパターンによって製作。

このルックビジュアル撮影は、Richardson MagazineやSupremeとのコラボレーション、またDashwood Booksから出版された自身の写真プロジェクト『ElVacîo(2012-14)』などの活動でも知られる、NYのアーティストGOGY ESPARZAが担当。

 

また、現在渋谷PARCO WAVEYSTOREにて、HellrazorのPOP UPを開催中だ。POP UPではPARCOとの限定コラボレーションアイテムを発売。

 

Info

Hellrazor POP UP at 渋谷PARCO WAVEYSTORE

3月1日(日)まで開催中

Hellrazor
https://hellrazor-online.com/

Instagram
https://www.instagram.com/hellrazornewworldorder/

related

HellrazorがBLMのチャリティーTシャツを受注販売|ブランドとしてのステートメントも発表

HellrazorがBlack Lives Matterの抗議活動に賛同するチャリティーTシャツの受注販売をスタートした。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。