Nujabesの10周忌に渋谷スクランブル交差点で追悼映像を放映

昨日2/26の19時半に東京・渋谷のスクランブル交差点の大型ビジョン6面を使って、10周忌を迎えたNujabesに捧ぐ映像作品『Pray for Nujabes』が音楽ストリーミングサービスSpotifyの協力を得て、3分間にわたって同時放映された。

Nujabesのビートが渋谷の街に響きわたり、突然の出来事に信号待ちの人々が、その音楽に身を委ねたり、スマートフォンをかざす姿も多く見られた。放映された映像は現在YouTubeにも公開されている。

またSpotifyでは同日、生前のNujabesが師と仰いだ 橋本徹(SUBURBIA)の選曲によるNujabes10周忌オフィシャル・プレイリスト 『Pray for Nujabes』と、『This Is Nujabes』の2本のプレイリストも公開となった。

Info

音楽:Nujabes「Luv (Sic.) Pt2」〜「Luv (Sic.) Pt3」〜「Reflection Eternal」
映像制作:Hydeout Productions
映像協力:haruka nakamura「Lamp」
クリエイティブ・ディレクター:Toru Hashimoto (SUBURBIA)
プロデューサー:Daisuke Matsushita

related

Nujabesがローファイヒップホップに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開

今年で10周忌を迎えた日本のビートメイカーNujabes。彼が現在のローファイヒップホップシーンに与えた影響を解説する動画がGeniusから公開された。

Nujabesの10周忌追悼イベントが東京と大阪、福岡で開催

2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った稀代の天才プロデューサーNujabesの、10周忌を追悼するイベントが2月に東京、大阪、福岡で開催される。

Nujabesの8周忌トリビュートイベントが開催決定 | Pase RockやSubstantialなどが出演

2010年2月26日に36歳の若さで天国へ旅立った、稀代のプロデューサーNujabes。今でも語り継がれるそのメロディーを軸にヒップホップ、ジャズやソウルなどを柔軟に取り込んだトラックは、今なお国内外で高く評価されているNujabesの8周忌を追悼するイベントが2/24に表参道・VENTで開催される...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。