BAL 2020 SSのLOOKBOOKが公開 | Jose ParlaとのコラボコレクションやKazuma Ogata、Kei Sakawakiのグラフィックを使用したアイテムも

BALが2020 SSのLOOKBOOKを公開した。

今季はテーマを設けず、テクニカルなテキスタイルやパターニングのウエアに、ハンドダイ、ウォッシュ加工のコットン素材のワークウエアに加え、Kazuma OgataやKei Sakawakiなどのグラフィックをプリントしたアイテムなどオーガニックなテイストを合わせたコレクションとなっている。

また、2レイヤーナイロン素材のコートや、撥水素材のレインコート、メタルナイロンのパッカブルのマウンテンパーカ、オリジナル柄のフルプリントのフーディー、レーヨン素材のシャツやショーツなども展開しつつ、アーティストのJose Parlaとの2シーズン目となるコラボコレクションでは、複雑なアートワークをプリントではなくジャカードで表現したテキスタイルを使った、様々なカモフラージュとコラージュしたハンティングジャケットや、背面パネルに使ったデニムジャケットやラグも登場する。

Info

BAL 2020 SS LOOK BOOK
スタイリング&ディレクション:TEPPEI
フォトグラファー:KODAI IKEMTSU
ヘアメイク:TAKAI
モデル:JOE(ACTIVA)、KEIYA SHIMODA(STANFORD)

related

balが2021 AWのLOOKとムービーを公開

balが2021 AWのLOOKを公開した。

VISIONとContactのオンラインストアがオープン|balやUNDERCOVER、WACKO MARIA、BlackEyePatch、CreativeDrugStore、VERDYなどとコラボ

渋谷にあるクラブSound Museum VISIONとContactが、オンラインストアをオープンした。

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。