KANGOLが2020SSのLOOKを公開

イギリス生まれ、ニューヨーク育ちのヘッドウェアブランドKANGOLが、2020SSのLOOKを公開した。

今シーズンのLOOKを手掛けたのは、どこかノスタルジックな質感で被写体を切り取る気鋭の写真家・Kodai Kobayashi、スタイリングは同世代で活躍しているDaisuke Deguchiが担当した。

 

ルックモデルにはDJ兼モデルとして活躍するUNAを始めファッションシーンで次世代を担う若きキーマンたちを起用、全体的にフレッシュな次世代クリエイターにフォーカスし、ノスタルジーさを感じさせる世界観を表現した。

2020SSのニューアイテムたちは、メッシュやナイロン・パイル地・サマーニットなど、春夏らしい涼しげな素材感を多く採用したほか、タイダイ柄やシャーベットカラーなどを取り入れることで、今の気分やトレンド感も意識したコレクションとなっている。

Info

kangol headwear TEL:03-6805-1272
KANGOL Official HP : http://kangol.jp/
KANGOL Headwear Japan Instagram:@kangol_headwear_japan

【STAFF CREDIT】
PHOTOGRAPHER_Kodai Kobayashi
STYLIST_Daisuke Deguchi
Hair&Make_Kika Makino
MODEL_ Alpha, An, Keiya, Sotaro Yasunaga, Suguru, Una

related

FIRST DOWN USAの2020 S/S Lookが公開 | イメージビデオのサントラはKMが担当

人気が再燃しているFIRST DOWN USAの今年の春夏シーズンのLOOKが公開となった。

KANGOLとBEAMSのコラボアイテムが発売

KANGOLとBEAMSがKANGOLの定番アイテムであるGalaxyをベースにしたコラボアイテムを本日から発売する。

BoTTが2020SSのLOOKBOOKを公開

2019年に始動したTeitoがデザイナーを務めるブランドBoTTが、2020 SS LOOKBOOKを公開した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。