KANGOL × YAGI EXHIBITIONコラボ第2弾が発売|うさ耳型のニット帽とファー素材のバケットハットが登場

2020年3月8日のKANGOL DAYを記念したYAGI EXHIBITIONとのコラボレーションハット発売に続き、第2弾コラボレーションとなる「KANGOL × YAGI EXHIBITION RABBIT BEANIE」が発売となる。

RABBIT BEANIEは、90年代に発売したうさ耳型のニット帽で、今回国内初の復刻。YAGI EXHIBITIONのキュレーションを手がけているオカモトレイジが実際に着用しているRABBIT BEANIEの現行モデルから着想を得ている。KANGOLのカンガルーロゴとYAGI EXHIBITIONにちなんだ山羊のロゴを帽子の前後に配置し、前後どちらでも被れるような仕様に。ビーニーの裾折り返し部分にも、KANGOLロゴのタブとYAGI EXHIBITIONのロゴのタブが配されている。うさ耳を立てたり、結んだり、ロゴタブを見せたり、前、後ろで被ったりと、何通りにも被ることができる。

また、前回即完売したBERMUDA CASUALを今回はファー素材のFURGORA CASUALで発売。RABBIT BEANIE同様にハットの前後にKANGOLとYAGI EXHIBITIONのロゴを配置した、前後で被れる仕様となっている。カラーは定番カラーであるブラック、ネイビー、ホワイトの3色に加え、KANGOL STORE限定のブルーティントも展開される。

Info

KANGOL HEADWEAR(KANGOL旗艦店)、KANGOL ONLINE STORE (https://kangol.jp/shop/default.aspx10月6日(水)予約開始) 、OVERRIDE、ZOZOTOWN(https://zozo.jp/search/?p_tpcsid=1535031)にて、11月6日(土)より発売スタート

kangol headwear / 03-6805-1272    

KANGOL Official : http://kangol.jp/

related

FIVEISM × THREEによるYouTubeコンテンツ『LIVEISM』の第1弾にTENDREが登場 | YAGI EXHIBITIONとタッグ

性別や年齢、国籍などの既成概念にとらわれない、新時代の「自己表現」を提案するコスメブランドFIVEISM × THREEが、オカモトレイジ率いる謎のエキシビジョンマッチYAGI EXHIBITIONとタッグを組み、YouTube音楽配信コンテンツ『LIVEISM』をスタート。

KANGOLがZepanese Clubとのコラボレーションハットを発売

1938年にイギリス北部で誕生し、1983年に現在のアイコンであるカンガルーロゴが誕生したKANGOL。毎年3/8と8/3をKANGOL DAYとして記念の日としている。

KANGOLの2021SS LOOKが公開 | マヒトゥ・ザ・ピーポーやGrace Aimiなども登場

ヘッドウェアブランドKANGOLの2021SSシーズンのLOOKが公開された。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。