【特集】kiki vivi lilyによるおいしい料理ができそうなプレイリスト『Cooking with Rhythm』

10月1日(金)にニューアルバム『Tasty』をリリースしたkiki vivi lily。荒田洸(WONK)とMELRAWをプロデューサーに迎えた同作は、タイトル通り「味覚」をテーマにし、何気ない日常のハイライトを多彩なサウンドで表現し、一枚を通して味覚のフルコースを深く堪能できるような作品に仕上がっている。

今回、『Tasty』にちなんで、kiki vivi lilyに「おいしい料理ができそうな音楽」をテーマとしたプレイリスト『Cooking with Rhythm』を選曲してもらった。是非これらの楽曲を聴きながら料理を楽しんでみてほしい。

kiki vivi lily本人からのコメントはこちら。

料理をするときは、できるだけノリノリで作りたい派です。
これを聴きながら作るだけで、なんともおいしい料理ができそうな音楽を集めてみました。
食べ物にちなんだ曲がたくさん入っている私のニューアルバム「Tasty」からも数曲選曲しました。
このYummyでJuicyなプレイリストを聴きながら、楽しいCooking Timeを過ごしてくださいね〜♪

Tracklist

1. kiki vivi lily - Yum Yum (feat. Shin Sakiura & Itto)

2. Hope Tala & Aminé - Cherries

3. Dominic Fike - Chicken Tenders

4. the bird and the bee - Private Eyes

5. DNCE - Cake By The Ocean

6. Justin Bieber - Yummy

7. Mac miller - Dang! (feat. Anderson.Paak)

8. kiki vivi lily - 手を触れたら

9. Joel Corry, RAYE & David Guetta – BED

10. sheidA - Real Lovin'

11. Mtume - Juicy Fruit

12. クラムボン - パンと蜜をめしあがれ

13. kiki vivi lily - Lazy

14. MALIA - Naked

15. kiki vivi lily - Whiskey

Info

kiki vivi lily(キキヴィヴィリリー)

2021/10/1 Release

2nd Full Album

「Tasty」

デジタル配信リリース

配信はこちら https://lnk.to/kvl_tasty

1.Intro : wip

2.Lazy

3.手を触れたら

4.Yum Yum (feat. Shin Sakiura & Itto)

5.Whiskey

6.Interlude : Tasty

7.You Were Mine

8.New Day (feat. Sweet William) 

9.Onion Soup

related

kiki vivi lilyが10月リリースのニューアルバム『Tasty』から"Lazy"と"New Day feat. Sweet William"が先行配信

kiki vivi lilyが10/1(金)にリリースする2ndアルバム『Tasty』から"Lazy"が本日9/15(水)、"New Day feat. Sweet William"が9/22(水)に先行配信されることになった。

【対談】MÖSHI × kiki vivi lily 『Waiting』|ストーリーを伝えるために

NYの名門美術大学パーソンズ大学院在学中のミュージシャン、ファッションデザイナーのMÖSHIが、kiki vivi lilyを迎えたニューシングル『Waiting』をリリースしミュージックビデオを公開している。 これまでのMÖSHIのダークでインダストリアルなテイストとは打って変わって、爽や...

MÖSHIがkiki vivi lilyをフィーチャーした新曲“Waiting”をリリース

ニューヨークの名門美術大学パーソンズ大学院在学中のミュージシャン、ファッションデザイナーのMÖSHIが、kiki vivi lilyをフィーチャーした新曲“Waiting”をリリースした。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。